芸能

柏木由紀、オナラを巡る仰天“カミングアウト”にファンが興味津々!

 まさかそんな特技を持っていたとは…。

 AKB48の柏木由紀が2月2日放送のバラエティー番組「そんなコト考えた事なかったクイズ!トリニクって何の肉!?」(テレビ朝日系)に出演。現役アイドルらしからぬ“オナラ事情”を明かして、ファンを驚かせた。

 番組では「個室トイレで人の気配を感じてもオナラができる?」という質問に対して、柏木はできる派であると説明。さらに詳しく聞かれると、「私、あの…音を出さずに(オナラが)できるんで」と、音を出さないようにしてオナラができるというテクニックを持っていると告白。

 これに共演者たちから驚きの声が上がったが、柏木は「AKB時代にそれを培って。バレないようにオナラできる」と、個室トイレで人の気配があるというシチュエーションに限らず、バレないようにオナラができると答えている。

 これに共演者の”みちょぱ”こと池田美優は「タチ悪い、そっちのほうが! ニオイだけ来る」と、ツッコんだが、ファンからは「ゆきりんのオナラなら余裕で我慢できます」「握手会とかでもしてるのかな?」「音は聞こえないにしてもニオイがするか、気になります」「さすがよごりんですね」など、柏木のオナラ事情に興味津々のようだった。

「16年放送のバラエティー『バズリズム』(日本テレビ系)では、AKBメンバーに無記名アンケートを実施。『一生結婚できないと思うメンバーは?』の問いで、元HKT48の指原莉乃は柏木の名前を挙げましたが、理由は『汚い』という衝撃的なものでした。指原は柏木について『お風呂とかが嫌いなんですよ』と説明しており、元AKB48の渡辺麻友からも『(柏木は)“入る必要がなければ入りたくない”って言ってて、最長でAKB48に入る前にクリスマスから年明けまで入らなかったらしい』と暴露し、後輩メンバーをドン引きさせていました。そのうえで、指原は『“よごりん”ですよ。これじゃ結婚できないな』と、柏木を”よごりん”呼ばわり。番組MCのバカリズムも『絶対臭いじゃん』と暴言を吐いていました。お風呂に入らないのとオナラのニオイに関連性はありませんが、そんな柏木のオナラですから、音はしないにしろ、ニオイは多少するのでは? と勝手に思ってしまいますよね」(アイドル誌ライター)

 そんな柏木は19年に30歳までAKBに在籍することを宣言していたが、先月19日に行われたソロシングルリリースを発表した記者会見で「アイドルを続けていきたい」と30歳になってもアイドルを続けたい意向を示したばかり。そんなユニークな立場ををより強固なものにするべく、従来のアイドルなら避けたいようなネタを全開放していく方針なのかも!?

(本多ヒロシ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
今田美桜、吉岡里帆を圧倒した「ジャンボなバスト」CM映像が話題沸騰!
2
木南晴夏、インスタの水着姿で再注目された「意外に豊かなバスト」!
3
吉岡里帆、「裏で“こぼれそうだったバスト”」を封印報道に嘆きの声!
4
有村架純、「前科者」風呂シーンで見せた“マッパ美ボディ”にファン歓喜!
5
太川陽介の鉄道旅がぺこぱへ継承!田中要次・羽田圭介が迎える“危機”とは