芸能

ソソる熟れ頃女子アナ「すごい肉体」ランキング(3)不動の人気バストなNHK・杉浦友紀

 5位と健闘したのは、NHKの鈴木奈穂子アナだが‥‥。

「育休中にもかかわらず好感度が高いのは、昨年春まで担当した『ニュース7』の清楚な印象が強かったからでしょう。NHKアナに民放アナドルのような派手さはないですが、堅実なアナウンス力でリードしている。これは年齢に関係しない魅力なので、むしろ年齢を重ねるほど人気を維持することができるのです」(丸山氏)

 7位・杉浦友紀、8位・井上あさひ、9位・塚原愛と立て続けにランクインしたのはそのエビデンスだったのだろうか。

「ランキング上位は美乳や微乳派ばかり。巨乳が欠けていたので、もしや熟女アナに求められるのは知性だけで“痴性”は不必要なのだと思ってしまいました(笑)。その点、数少ない巨乳アナとしてランク入りを果たした杉浦アナには称賛の言葉を贈りたいですね。熟女でも巨乳、NHKでも巨乳!」(小谷氏)

 まさか、熟アナ界では巨乳がマイナスに働いているわけでもあるまいに‥‥。

「それでも杉浦アナは、今年になってショートカットに切った髪で新たな色香をまとった印象です。担当する『逆転人生』で、たびたび“YCショット”で爆乳ぶりを誇示し、話題となっている」(丸山氏)

 10位以下ながら、還暦越えの古豪・森田美由紀アナはなんと12位に躍進。上位を強襲する猛追ぶりだ。

「かつては麗しき美貌を誇ったミスNHKも、だいぶポッチャリとした。最近はナレーションの仕事が増えたが、それでもいまだに私の心の中ではミスNHKのまま」(57歳・製薬)

 寄る年波にむやみに逆らわないのも、熟アナの正しきありようなのかもしれない。

「ナレーションは現役アナでも抜群のうまさ。しかも、絶妙なアドリブをポロッと挟む実力者です」(丸山氏)

 10位以下には進藤晶子、赤江珠緒、生野陽子、膳場貴子、滝川クリステル、川田裕美、鈴江奈々など、出産して職場復帰したママアナが大挙襲来して混戦模様。

「20位までには入らなかったけど、TBSの小川知子アナ(49)、長岡杏子アナ(49)など、才色兼備な完熟アナはまだまだたくさんいますよ。あくまで一般論ですが、子供を産んだ女性はアッチの具合が良くなると言われる。人妻として母性に目覚め、性に対してオープンになる。そこはかとないエロさこそが熟女アナの魅力なんでしょう」(佐々木氏)

 ソソる完熟アナの前では、たとえテレビの前であっても身も心もそそり立つ男でありたいものだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
2軍暮らしに急展開!楽天・田中将大⇔中日・ビシエド「電撃トレード再燃」の舞台裏
2
不調の阪神タイガースにのしかかる「4人のFA選手」移籍流出問題!大山悠輔が「関西の水が合わない」
3
ボクシング・フェザー級「井上尚弥2世」体重超過の大失態に「ライセンスを停止せよ」
4
新庄監督の「狙い」はココに!1軍昇格の日本ハム・清宮幸太郎は「巨人・オコエ瑠偉」になれるか
5
「メジャーでは通用しない」藤浪晋太郎に日本ハム・新庄剛志監督「獲得に虎視眈々」