芸能

吉岡里帆、ラブコメ主演に早くも「嫌な予感」の声…鍵はバスト強調しかない?

 女優の吉岡里帆が、鈴木亮平主演の4月期ドラマ「レンアイ漫画家」(フジテレビ系)でヒロインを務めることが2月9日、同局より発表された。

 本作は漫画誌「モーニング」で2010年から2012年にかけて連載された山崎紗也夏氏の同名コミックが原作。少女漫画家を主人公にしたラブコメで、吉岡は漫画のネタのために疑似恋愛に挑むアラサー女性役で、丸の内系OLやギャルなど様々な演技に挑み、コメディー要素も満載だというが、早くもネット上では不安の声が上がっている。

 ネット上では「吉岡のコメディー演技って嫌な予感しかない。絶対に外しそう」「『時効警察』(テレビ朝日系)のときもひどかった。色んな役を器用にこなせるほど演技上手くないしね」「時効警察が不調だったのに、なんでフジの地雷枠でラブコメとかさせちゃうんだろ。これ、確実に爆死するやつでは」「男性視聴者を狙ったキャスティングかもしれないけど、吉岡は結局バスト強調しない出さないとウケないぞ。大丈夫かね」などと、辛辣な意見が寄せられている。

「吉岡はグラビアでは美バストで大人気ですが、ことドラマとなると評価が急落してしまうんですよね。指摘されている通り、昨年1月放送の『時効警察はじめました』では天真爛漫な新人刑事を演じましたが、好評だったのは最初だけで、回を重ねるごとに『うざい』『あざとい』などと酷評の声が飛び交いました。今回のドラマもコメディタッチなだけに、同類の低評価を得てしまう可能性はあります。せめて多少の肌見せシーンがあれば男性ファンが食いつくのでしょうが…」(エンタメ誌ライター)

 ファンの不安な気持ちを払拭させるには、推定Fカップのバストを惜しげもなくさらす以外に方法はなさそうだ。(ケン高田)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
2
「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?
3
浜辺美波、美バスト露わ?“大衆浴場で堂々マッパ”発言にザワザワ!
4
高島礼子、「バス旅」で“躍動ボディ”より注目された共演者絶句の“素顔”
5
和地つかさ、「ライザップ」でも“Iバスト”は変わらずの「キープ手段」