芸能

「Gバスト」森咲智美、全ボディ&肌着にモザイク動画の“泣き笑い”反響!

 グラドルの森咲智美が、自身のYouTubeチャンネル〈森咲智美チャンネル〉の、2月5日投稿回で、肌見せ度高めな艶っぽ衣装でのトレーニング姿を披露。少々ぽちゃぽちゃしていたのであろう彼女のウエストにモザイクが施されたのだが、ローアングル撮影で、下腹部あたりが危うく見えそうになっていたことから、〈モザイクかけるところ違うだろ〉〈お股結構危なくない?笑〉といった視聴者のコメントが相次いだ。

 すると今度は、ほぼモザイク処理の動画を投稿、視聴者から“逆に可笑しい”といったコメントが寄せられた。その中身とは─。

 2月20日の〈【禁断】真冬の北海道、攻めすぎた新作DVD撮影してきた〉とうたって、最後にハートマークをつけたタイトルの投稿回を観てみると、19日に発売された新作DVDの撮影で北海道を訪れた森咲、撮影の裏側やメイキングを披露する内容だった。

 ところが、メイキングの、たわわなバストGカップがチラっと見えするであろう浴場のシーンや、着物の裾をめくり、着用している下半身用の肌着を見せる艶っぽシーンにおいて、〈激しすぎるので自主規制〉のテロップが入り、ほぼほぼ森咲のボディの全体にモザイク処理…といった事態となったのだ。

 もっとも、YouTubeチャンネルでBAN(削除)されるのを恐れてではなく、DVDメーカーへの配慮と、妄想効果から購買心を喚起することが目的だと思われた。

“他の上下セパレートタイプの水着動画は何もなかったのに ここだけモザイクがあって逆に可笑しいな”といったニュアンスの視聴者のコメントが見受けられる一方、〈パーフェクトボディにモザイクがかかって、残念〉といったコメントも散見されたのだった。

 新作DVD発売後の現在、いずれモザイク無し版の投稿も視聴者の興味を喚起するかと思われるが、はたして…?

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田望結、成長真っ最中?ボディ進化と同時にネットをザワつかせた“顔の変化”
2
佐藤健と上白石萌歌の仲は冷めていた!?「ぎぼむすSP」撮影現場の「意外な光景」
3
「Hバスト」清水あいり、「“あそこ”は英語で?」クイズへの反応とヤバイ回答!
4
松本人志を罵倒、浜田雅功に暴行で“一世一代の大勝負”に出た芸人!/坂下Dの「地獄耳」芸能
5
矢田亜希子の“アンダーウエア”透けてる!?バストのボリュームアップが原因か