芸能

真木よう子、「青のSP」で噴出「演技力とバスト激揺れは反比例」考察とは?

 放送中のドラマ「青のSP」(フジテレビ系)で理想とする教師像をしっかり持っている中学校の国語科教師・浅村涼子を演じる真木よう子。藤原竜也演じるスクールポリスの嶋田が学校にやって来てからというもの、これまでにはなかった事件が起こるように。

 自身では事件の解決もできなければ生徒らを護ることもできていないことに戸惑う役どころだが、視聴者は違うところに戸惑いを感じていたようだ。

「それはもちろん、『そのバストの揺れ方こそ中学生にとって犯罪ではないか?』という戸惑いです。真木が小走りするシーンではメロンのように大きなふくらみが圧巻の揺れっぷり。ネット上では、真木の滑舌の悪さや演技力の乏しさを指摘する声が初回放送時からあがっています。興味深いのは『2007年、2008年に放送されたほうの「SP」では演技が上手いと感じたのに気のせいだったのか?』『岡田君と「SP」やってた頃はこんなに滑舌悪くなかったし、演技ももっとうまかったような』といった、2007年からテレビドラマ放送され、その後は映画化もされた岡田准一主演『SP 警視庁警備部警護課第四係』(フジ系)に出演していた頃の真木は、滑舌も演技も今よりよかったと指摘する声が散見することです。中には『真木の演技力とバスト激揺れは反比例する』『真木は演技力の低さをバスト揺らしでごまかしている』『真木の演技がヘタでも大きなバストをブルブルされたら許せる』『真木は棒演技な時ほどを揺らしてくれる』といった意味の演技力とバストの関係を考察する声もあるようです」(女性誌記者)

いろいろな意味で“見どころのある”女優、ということで間違いはないのだが。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
爆弾投下で朝ドラ降板も!浜辺美波を襲う「男スキャンダル」大暴露予告の心身異変
2
水着写真で判明!藤田ニコル「おマタの膨らみ」に向けられた「アノ疑惑」に出た結論
3
本田望結が“オトナ”を意識し始めた?海辺の強調ボディ「ビックリ成長具合」
4
松岡茉優がM字開脚でDカップを揉みしだく!問題作の「過激プレイ」で噴出した「フルオープン」熱望論
5
稲村亜美、ゴルフ対決で本気を出した豪快“黒パン”見せと“みっちり”縦スジ