スポーツ

上原浩治、井端弘和が動画激白した「衝撃の球種見破り法」に落胆&感心!

 巨人からMLBに渡った元プロ野球選手・上原浩治氏のYouTubeチャンネル〈上原浩治の雑談魂〉に、主に中日ドラゴンズに籍を置き、2014、15年には巨人で活躍した元プロ野球選手の井端弘和氏が出演した。

 現役時代、井端氏に対して「投げにくかった」という印象を持っていると言う上原氏。井端氏の記憶では2割5分程度で、それほど打ってもいないと当時を振り返りつつ、「実は…」と、上原氏の投球時の「クセ」を見抜き“カモ”にしていた時期があったことを激白した。3月5日付け〈【天敵!?井端弘和登場】嫌いだった投手と得意だった投手を聞いたら上原がカモだった!?【実は○○を見抜いていた】【ドン引き】【同級生やん勘弁して】【巨人中日】〉とタイトルがつけられた投稿回である。

 その「クセ」が出ていたのは03年頃の1、2年間だったそうで、セットポジションで構えた際、左足がマウンドを「1回踏んだら真っ直ぐ、2回踏んだらフォークだったの」と井端氏は振り返っている。

 フォークの握りの際にひと呼吸が必要だったのかもしれないが、上原氏は初耳だったようで「上原はカモだったってことだな~…」と、落胆したように、しかし井端氏には感心した様子で語った。

 ところが、そのクセも1年か2年で、上原氏の意識の外で消えてしまったそうで、井端氏が、真っ直ぐだと思ってバッターボックスで構えたところ、「ここでフォークかよ!タイムタイム!」と慌てて間を取ったエピソードも井端氏はおもしろおかしく明かしたのだった。

「上手の手から水が漏れる」とのことわざがあるが、クセを見抜いた井端氏もアッパレながら、いつしか修正してしまう上原氏には「おみごと!」と感心してしまう興味深い回であった。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
土屋太鳳、Gバストがくっついたり離れたり!弟・神葉に羨望の声が出た密着映像
2
芦田愛菜、ボディの“S字ライン”クッキリ急成長に「もう大人のオンナ」大絶賛
3
本田真凜に「大人のオンナ」指摘…宇野昌磨との関係も納得の“経験済み”進化
4
橋本環奈“Dバスト”がきつくて苦しい!?自ら明かした「肌着事情」
5
今田美桜、「バスト渓谷を露わ&超ミニ衣装」ブレイク前のレア映像にアクセス殺到!