芸能

“自身の過去の疑惑”がよぎった!?大橋未歩「福原愛を全力擁護」にツッコミの嵐

 擁護のしすぎに疑問の声が!?

 フリーアナの大橋未歩が3月7日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)に出演。ここで語った卓球女子元日本代表・福原愛のお泊り不貞報道についてのコメントにツッコミが入ってしまった。

「話題沸騰中の福原さんの横浜“不貞”お泊りデートの話題に大橋さんが『今日は全力で愛さんを擁護しようと思ってきました』と意気込んだことで視聴者もおもわず身構えたんじゃないですか(笑)」(女性誌ライター)

 大橋は、「はっきり本人が否定していますし、日頃の行いってこういう騒動が起きた時って大きく影響してくると思うんです。愛さんに私たち視聴者やテレビ業界ってどれだけのものをもらったっていうか、与えてもらったか」と語った。

「福原さんの過去の実績を称えて擁護するという論法。とにかく福原さんが、これまで競技を通じていかにテレビ業界や国民に勇気を与えてきたかを熱弁したんです。確かにテレ東時代は『世界卓球』でも関わっていましたから、福原さんの努力する姿、人となりを割合詳しく知っているはずで、その気持ちも前面に出たんでしょうね」(前出・女性誌ライター)

 それにしても、「だからこういう騒動が起きた時は今までのことがあるし、本人が否定していることを全力で信じたいと思うし、こういう時に守るのが人間なんじゃないと思います」と大橋の発言は擁護一辺倒。

「“全力”とか“人間”とか話のスケールが大きくなる一方の流れに、視聴者が逆に冷静になってしまったようなんです」(前出・女性誌ライター)

 SNSでは即座に「過去の実績と不貞は関係ないでしょ!」「私情入りすぎ」とツッコミ続出。そして大橋自身の過去の離婚・再婚時に一部で不貞愛疑惑も出たことが福原の現状と重なるという指摘が現れる事態に。そして、「自分と被りすぎるから全力擁護ですよね」「本人が否定してるから信じろって自分の重ねすぎでは?」「遠回しに自分の疑惑も否定してる感じ」などブーメラン状態になってしまったとか。

「否定しても信じてもらえない福原さんと自分が重なったとの指摘は当たっているかもしれません。一昨年、大橋さんは過去の離婚理由を説明したいワケをツイッターで述べていましたし、ある意味納得できる言い分でした。ただ、逆にそう考えると、写真まで撮られている福原さんのパターンは少し違う気もします。しかも信じる根拠が本人の否定と過去の実績というあいまいなものでは、いくら全力擁護してもツッコまれるのは仕方ないかもしれません」(前出・女性誌ライター)

 アスリートがらみで言えば、競泳の瀬戸大也も同じで過去の競技実績と不貞問題が無関係なのは世間の言う通り。その点については、大橋にも冷静に考えていただきたいが…。

(塚田ちひろ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
山本舞香、鈴木福くんの前で見せた“バスト渓谷見せ”過激衣装の賛否!
2
かまいたち山内が選んだ週刊少年ジャンプ「歴代最高マンガ」に同意の声続々!
3
フジ渡邊渚、「Gカップを机の上に乗せた」ド迫力映像にファン悶絶!
4
観月ありさが船越英一郎を“公開処刑”!顔の大きさがこんなに違うなんて…
5
阿部華也子、初ドラマの“女教師役”で注目は「Dバスト」より「桃型ヒップ」!?