芸能

みのもんた「美女タレントも泣き寝入り」(1)ターゲットは女子アナだけではなかった

20131114a

 涙交じりの報道番組降板会見で区切りをつけ、騒動はひとまず鎮静化──。渦中のキャスターはそう思ったのかもしれないが、ワイセツ行為の「みそぎ」はまだ済んでいない。凌辱セクハラに及んだのは女子アナにだけかと思えば、さにあらず。泣き寝入りした美女タレントへの“前科”が続々と発覚したのである。

 次男窃盗未遂逮捕事件への風当たりの強さから、ついにTBS「みのもんたの朝ズバッ!」「サタデーずばッと」の降板に追い込まれたみのもんた(69)。降板・謝罪会見の最後に「バカヤロー!」と一喝した次男は結局、東京地検が起訴猶予(不起訴)処分としたが、「バカヤローなのは自分の下半身だろ!」と思わずツッコミを入れた美女タレントも多いのではないか。

 以前、共演した女子アナへのセクハラ三昧の現場実態を告発したが、本番中の尻ナデ、スケベな言葉責め、ブラジャーいじり、“愛人契約”持ちかけ‥‥と、その欲望はバラエティに富んでいる。そして同様のことは美女タレントにも行われていたのだった。その「ワイセツ史」をひもといてみると‥‥。

「ある大物司会者と一度、一緒に仕事をしたら、体を触りまくられた」

 こんな爆弾告発を繰り広げたのは、かつてトーク番組「ダウンタウンDX」(日本テレビ系)に出演した雛形あきこ(35)である。オンエアでは名前こそ伏せられていたものの、彼女が明かす「大物司会者の特徴」は、明らかにみののそれだったという。そして雛形はこう斬り捨てた。

「それ以来、その司会者が大っ嫌いになりました!」

 みのの番組に関わったことのある民放局プロデューサーも、

「確かに『みのさんと一緒に仕事をしたくない』と敬遠する女性タレントは少なからずいますよ」

 そんな「おさわり魔」が起こした大ハレンチ行状といえば、00年1月の「泥酔乳モミ、指責め騒動」。現場を誌上再生してみよう。

 都内ホテルで催された山田邦子の結婚披露宴に出席後、みのは島崎和歌子(40)、三井ゆり(45)、橋本志穂(46)、中尾彬(71)、松村邦洋(46)、笑福亭笑瓶(56)、野々村真(49)らを引き連れ、二次会へと流れた。神楽坂の料亭である。

 そこでは芸者衆の接待を受けながら、みのは女性陣にイッキ飲みをさせ、男性陣には「裸になれ」指令を発令。松村などは全裸でイチモツを島崎に誇示したのだという。こうした無礼講の宴席は実に盛り上がった、かに見えた。ところが、事情を知る関係者によれば、

「酔ったみのは芸者の着物の合わせ目に手を突っ込み、イタズラを始めました。やがて島崎や三井にも同じように胸タッチを‥‥」

 2人は困惑しながらも、大事には至らず、二次会は終了。だが、みののセクハラ攻撃はこれで収まったわけではなかったのである。

◆アサヒ芸能11/5発売(11/14号)より

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
のん“一日署長”姿がすっかり下ネタ扱い…「完全復帰」が実現しない残念現象
2
フジ渡邊渚、「柔らかそう!」絶賛の“Gバスト”爆揺れダンス生披露
3
すみれがスカート奥見せ!太川&蛭子も暴走「旅バラ」再放送の注目ポイント
4
石川佳純、「美人になった!」称賛の一方で“意外に大きい”バストの評判
5
「鶴瓶の息子」駿河太郎、2年以上の「ドロ沼裁判」急転和解の“ナゼ”