芸能

みのもんた「美女タレントも泣き寝入り」(1)ターゲットは女子アナだけではなかった

20131114a

 涙交じりの報道番組降板会見で区切りをつけ、騒動はひとまず鎮静化──。渦中のキャスターはそう思ったのかもしれないが、ワイセツ行為の「みそぎ」はまだ済んでいない。凌辱セクハラに及んだのは女子アナにだけかと思えば、さにあらず。泣き寝入りした美女タレントへの“前科”が続々と発覚したのである。

 次男窃盗未遂逮捕事件への風当たりの強さから、ついにTBS「みのもんたの朝ズバッ!」「サタデーずばッと」の降板に追い込まれたみのもんた(69)。降板・謝罪会見の最後に「バカヤロー!」と一喝した次男は結局、東京地検が起訴猶予(不起訴)処分としたが、「バカヤローなのは自分の下半身だろ!」と思わずツッコミを入れた美女タレントも多いのではないか。

 以前、共演した女子アナへのセクハラ三昧の現場実態を告発したが、本番中の尻ナデ、スケベな言葉責め、ブラジャーいじり、“愛人契約”持ちかけ‥‥と、その欲望はバラエティに富んでいる。そして同様のことは美女タレントにも行われていたのだった。その「ワイセツ史」をひもといてみると‥‥。

「ある大物司会者と一度、一緒に仕事をしたら、体を触りまくられた」

 こんな爆弾告発を繰り広げたのは、かつてトーク番組「ダウンタウンDX」(日本テレビ系)に出演した雛形あきこ(35)である。オンエアでは名前こそ伏せられていたものの、彼女が明かす「大物司会者の特徴」は、明らかにみののそれだったという。そして雛形はこう斬り捨てた。

「それ以来、その司会者が大っ嫌いになりました!」

 みのの番組に関わったことのある民放局プロデューサーも、

「確かに『みのさんと一緒に仕事をしたくない』と敬遠する女性タレントは少なからずいますよ」

 そんな「おさわり魔」が起こした大ハレンチ行状といえば、00年1月の「泥酔乳モミ、指責め騒動」。現場を誌上再生してみよう。

 都内ホテルで催された山田邦子の結婚披露宴に出席後、みのは島崎和歌子(40)、三井ゆり(45)、橋本志穂(46)、中尾彬(71)、松村邦洋(46)、笑福亭笑瓶(56)、野々村真(49)らを引き連れ、二次会へと流れた。神楽坂の料亭である。

 そこでは芸者衆の接待を受けながら、みのは女性陣にイッキ飲みをさせ、男性陣には「裸になれ」指令を発令。松村などは全裸でイチモツを島崎に誇示したのだという。こうした無礼講の宴席は実に盛り上がった、かに見えた。ところが、事情を知る関係者によれば、

「酔ったみのは芸者の着物の合わせ目に手を突っ込み、イタズラを始めました。やがて島崎や三井にも同じように胸タッチを‥‥」

 2人は困惑しながらも、大事には至らず、二次会は終了。だが、みののセクハラ攻撃はこれで収まったわけではなかったのである。

◆アサヒ芸能11/5発売(11/14号)より

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「タピオカ騒動」木下優樹菜、一転謝罪も指摘される「ファンに『黙れ』」過去!
2
巨人・鈴木尚広、阿部慎之助よりこっ恥ずかしい「重婚報道」にドン引きの声
3
桑子真帆を筆頭にNHK勢が躍進のヒミツ/「女子アナランキング」考察(下)
4
批判覚悟?田中圭が「おっさんずラブ」続編から降板しなかった理由
5
木下優樹菜「恫喝DM騒動」で「数千万規模の違約金発生の可能性」証言!