スポーツ

セ・パ本塁打王・山崎武司の初タイトルのきっかけを作ったアノ“大物左腕”

 元プロ野球選手、山崎武司氏。1996年の中日ドラゴンズ時代と、2007年には楽天ゴールデンイーグルスで本塁打王を獲っており、セ・パ両リーグでの本塁打王は、落合博満氏(ロッテ・中日)、タフィ・ローズ氏(近鉄・巨人)に続く3人目の快挙であった。

 そんな山崎氏が、東海テレビのYouTubeチャンネル「【東海テレビ公式】ドラHOTpress」に、中日で活躍した名球会投手・山本昌氏と共に出演。96年に本塁打王を獲るきっかけになったのが、アノ苦手左腕からの一振りだったことを明かしている。

 3月22日に〈山本昌&山崎武司プロ野球やまやま話「忘れられない開幕戦」〉とタイトルした投稿回を観ると、山崎氏は忘れられない開幕戦として、96年の対広島カープ戦を上げている。

 最優秀防御率2度、最優秀救援投手に1度輝いた、左腕、大野豊氏を苦手にしていた山崎氏だったが、2回表に大野氏のシンカーを打ち返し、見事2ランホームランを放っているのだ。

「あのホームランがあったから、あの年ホームラン王獲れたかなと…」と振り返る山崎氏に、当時、テレビで観戦していたという山本氏は、大野氏と同じく左腕の立場から「めちゃうまく打ったよね。(中略)低めのボールをすくってね。アレを打たれたらピッチャーたまらんからね」と絶賛。後に、山崎氏が楽天に移籍すると、セ・パ交流試合では山崎氏相手に「シンカーが投げられなかった」とも口にしたのだった。

 95年までの計27本塁を96年には1年で更新する39本塁打を放った山崎氏。苦手意識を克服した先に、山崎氏が大打者に開眼したのであろうと教えられる興味深い回だった。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
倖田來未、15年ぶりの番組ロケで明らかになった“Fカップバスト”の異変
2
日テレ水卜麻美、ブラウスから色白“Eバスト”こぼれ出た「早朝大サービス」!
3
アンゴラ村長がミニを自らめくって…出演者も慌てた突如の仰天行動
4
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?
5
山本舞香“浪費癖と奢られ嫌い”発言で懸念される伊藤健太郎との“貢ぎ関係”