芸能

コブクロ、「とくダネ!」最終回“生歌”披露で思い起こされた1年半前の“悪夢”

 3月26日、小倉智昭がメイン司会を務める「とくダネ!」が22年間の放送に幕を閉じたが、その最終回にサプライズゲストとして登場したコブクロ(黒田俊介・小渕健太郎)に注目が集まった。

「この日は大黒摩季や寺尾聰も登場して労をねぎらい、小倉も感動しきりでしたね。最後は移動した別スタジオでコブクロが生歌熱唱。ひな壇で目を真っ赤にしながら聴き入る小倉の表情が印象的でした」(テレビウオッチャー)

 歌が終わると礼をした小倉は「コブクロの2人が来てくれたのは本当嬉しくて、デビューの頃からですもんね」「『とくダネ!』がなかったらコブクロにも出会えなかった」と感慨深げに語り、小渕も「不安だった時期とか、まだデビューして間がない、これからがまったく見えない時に『いいねいいね』って言われるあの嬉しさ。もう忘れられないですよね」と返し感動のシーンとなったわけだが、一方で一部視聴者が“コブクロの生歌”と聞いて思い出してしまったのが、あの“大事故”だったようだ。

「19年9月、東京五輪のマラソン日本代表選考レース『グランドチャンピオンシップ』での小渕の国歌独唱です。沿道が静まる中、小渕はいきなり高音を出して音程を思い切りはずし、中継を観入っていた多くのお茶の間視聴者をひっくり返らせ、ある意味で伝説を作ってしまいました。もちろん、その後も歌番組に出演するなど生歌を披露する機会はあるのですが、そのイメージがこびりついているせいかネット上では《最近ヘタになったのでは》と指摘されることも多くなっている。そのため『とくダネ!』でも、歌う前から《大丈夫かコブクロ》との指摘も出ていたんです」(ネットウオッチャー)

 とはいえ今回、披露された「卒業」は黒田がメインを務め、事なきを得たわけだが、ヒヤヒヤしながら見ていたファンも多かったのでは。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
山本舞香、鈴木福くんの前で見せた“バスト渓谷見せ”過激衣装の賛否!
2
かまいたち山内が選んだ週刊少年ジャンプ「歴代最高マンガ」に同意の声続々!
3
フジ渡邊渚、「Gカップを机の上に乗せた」ド迫力映像にファン悶絶!
4
観月ありさが船越英一郎を“公開処刑”!顔の大きさがこんなに違うなんて…
5
阿部華也子、初ドラマの“女教師役”で注目は「Dバスト」より「桃型ヒップ」!?