芸能

さんまのフリはイニエスタのパス!?ナイツ塙が“シュートならず”を動画回顧

 元スペイン代表のプロサッカー選手、アンドレス・イニエスタ・ルハンといええば、南アフリカ共和国で開催された2010年の「FIFAワールドカップ」の主要メンバーであり、オランダとの決勝戦では決勝ゴールを挙げ、スペインの初優勝にも貢献。プレースタイルは創造性豊かなパスに指示が集まり、プレーの流れを読む能力にも優れている。現在はJリーグ・ヴィッセル神戸に所属している。

 そんな彼の名前が意外な流れで飛び出したのは、ナイツ・塙信之のYouTubeチャンネル〈ナイツ塙の自由時間〉。スピードワゴンの小沢一敬が出演し、お笑いの世界で言うところの「ボケ」を有効に活かす「フリ」についてトークを展開した時のことだ。「フリ」を「パス」、「ボケ」を「シュート」に見立て、サッカーを例にしたところ、イニエスタの名前が塙の口から挙がったのだ。

 3月25日付けの〈さんまさんのフリは分かりづらい!?【ナイツ塙】〉と題した投稿回だが、動画では塙が、過去の記憶をこうたぐり寄せていた。

「“家族で歌合戦”みたいな、(明石家)さんまさんの番組に出た時に、(塙の)お父さんの横に自分がいて…。さんまさんが自分に『お前がお父さんやろ』と…。『いやボクお父さんじゃないですよ』」…とこんなやり取りが延々続いたそうだ。

 不可解に思った塙が収録後に訊ねると「あそこお前、“コウモン見えても”やろ」と、さんまの返答。実はこれ、「こう見えても」を「コウモン見えても」と言い間違える塙の持ちネタを知っていたさんまのフリだったのだが、まさか自身の持ちネタを知っているとは思わなかった塙は、“イニエスタばりの異次元パス”と例え、「オレ、決めれなかったですね…」と笑いを誘い振り返ったのだった。

 ナイツと言えば、“フッてオトす”を連打するような芸風だが、そんなナイツの塙でさえ予想だにできなかった“異次元パス”は、さすがサッカー通のさんまらしい!?

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
4
「とにかく恥ずかしかった」太川陽介がブチまける大ヒット曲「Lui-Lui」の「給料7万円アップ」ウラ話
5
海外移住のフワちゃん「遊んでいても年商1億円超」新ビジネス開始の「驚異の商才」