社会

TikTokで10代も“バスト渓谷”見せ!ネット「素人合法艶ビジネス」の過熱実態

 某有名大人向けサイトが、ホームから1000万本以上もの動画を削除したことが大きく報じられたのは昨年の12月。

「未成年出演作や、離れて行った元パートナーへの復讐の意味で公開した性的動画など、法律違反の動画の存在を指摘されての措置でした。削除数は全体の約8割と言われ、今後こうした規制は他のサイトにも波及すると思われます」(大人向けサイト運営関係者)

 ネットに疎いオヤジ世代にも知れ渡っていたサイトだが、海賊版アップロードやモザイクなしの無修正動画については、日本でもその法律違反的な面が常に論じられてきた。では、若い世代が安全に楽しんでいる、ネット上の合法的な「素人が繰り広げる艶ビジネス」の現状はどうなっているのか見て行こう。

 まずはSNSの「TikTok」。名前しか知らない、という向きも多いかもしれないが、簡単に説明すれば、数秒から1分程度の動画編集・投稿・閲覧がメインで、利用者の大半は10代後半から20代の女性である。

「その場のノリで水着姿で踊ったりするのは日常茶飯事。実は他にも視聴増で広告費を得ようと、あえて際どい“下半身用アンダーウエア見え”ギリギリのダンスや、胸の渓谷が見えた衣装で胸をユサユサ揺らしたりする投稿者も少なくありません」(ITライター)

 露骨な艶動画は運営側に見つかると削除されアカウント停止処分となるが、

「別のSNS、例えばツイッターやインスタグラムで『裏TikTok』と検索すると、実際には削除済みの動画が保存されており、閲覧できます」と話す、前出のITライターによれば、冒頭の某サイトのような動画サイトを検索すれば、「今でも海外の素人女性がアップした、バストトップなどを出したダンス動画や脱ぎ動画も見つかります」という。

 艶っぽい行為について、より規制の厳しい「YouTube」は、それゆえ肌見せを抑えた“特定部位へのこだわり”動画で再生回数増を目論む投稿者が多い。現在は「バスト系Youtuber」が花盛りで、最も支持されているのが、アニメのコスプレでピアノを演奏する「PanPiano」というチャンネルだ。

「ザックリ胸元があいた『鬼滅の刃』コスプレで、バストをブルブル震わせながらLiSAの『紅蓮華』を演奏した動画は200万回再生を記録。また当たった企画は他のYoutuberもマネするのがYoutubeの常。ピタピタのニットや水着で料理する様子を見せるだけの動画はこぞって模倣動画がアップされてます。元祖的存在の『くまクッキング』はGカップは下らない爆裂バストOL。最近のトレンドでは胸用肌着を着けずにランニングする動画、なんてのもありますね」(前出・ITライター)

 合法とはいえ、やはり常に「完全削除」とは隣り合わせのようだ。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「何で独身なの?」谷原章介「めざまし8」の発言に男性視聴者が“カチン”!
2
アンゴラ村長がミニを自らめくって…出演者も慌てた突如の仰天行動
3
「シブがき隊転倒」「明菜に帰れコール」…歌番組の「放送事故」を全部バラす!
4
「辞めなきゃよかった」中居正広・米倉涼子がホンネを漏らした独立の“後悔”
5
下半身をボロン!有村昆が夢中になった「女優Tの正体」にネットが熱視線