芸能

小倉優香、事務所退所と同時報告した「小倉ゆうか」改名に“賛成の声”のワケ

 3月25日に所属事務所との契約を終了させた小倉優香が4月13日、自身のツイッターとインスタグラムを更新。事務所の退所と改名を報告した。

 小倉は「いつも応援してくれる皆様へ」と題した文書で8年間所属した事務所を退所したことを報告。〈何かに縛られずに活動をしたいと言う意向を汲んでいただいたことに心から感謝をしております。〉と、退所は自身の考えであることを明かした。

 そのうえで小倉は〈今まで使用していた小倉優香という名前を小倉ゆうかに変更します。〉と改名を公表し、その理由を〈表記だけ変わる形です。小倉優香は本名ですが、活動名をひらがなにすることは長年希望していたことの1つでした。〉と綴り、〈『小倉ゆうか』を覚えていただけたら嬉しいです。〉と希望を表明。今後の活動については〈後日改めて私自身からお知らせします。〉とした小倉は〈SNSの更新も出来ず、本当に長い間ご心配をおかけしました。〉と詫び、〈また、安心して暖かく見守っていただけるよう笑顔で頑張ります!これからも宜しくお願いいたします。〉と締めくくった。

 小倉は昨年7月、レギュラー出演していたラジオ番組「アッパレやってまーす!」(MBSラジオ)の生放送で番組からの降板を直訴するという“降板テロ”騒動を起こしていた。

「小倉は、早寝早起きしていて、夜の番組に出演するのがツラいと語っていたため、当時交際が報道されていた格闘家でユーチューバーの朝倉未来の生活スタイルに合わせるために降板したかったようだと報道されていました。このまま芸能界から引退して朝倉と結婚するのではとの憶測も呼んでいましたが、3月に事務所との契約終了の報と同時に朝倉との破局も伝えられ、“仕事も恋も失った”小倉の今後を心配する声も上がっていました」(芸能誌ライター)

 小倉の報告にネットでは「心機一転で頑張って!」「優香ちゃんのグラビアをまた見たいです」「おかえりなさい、これからの活動楽しみにしてます」と歓迎する声、また、「小倉優香だと小倉優子さんと間違えられるし、平仮名改名はいいかも!」と改名についての賛成意見も見られた。もっとも、「いくら改名しても、自分のわがままで関係者に迷惑をかけた事実は変わらないよ」「お騒がせタレントのイメージついちゃったし、雇ってくれる事務所はあるの?」といった心配の声も上がっている。

「小倉が今後別の事務所に所属するのか、またはフリーとして活動するのかはわかりませんが、“降板テロ”の影響は大きく前途は多難と言わざるを得ません。相当覚悟していかないと…」(前出・芸能誌ライター)

 名前同様に、心機一転、活躍することができるのか、はたして─。

(石見剣)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
3
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題
4
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
5
投資額が10分の1になる「愚の骨頂」…専門家が重大警告「国が後押しする新NISAは地雷だらけ」