女子アナ

“醜聞連発”でも潰れない鷲見玲奈/フリー女子アナ「スキャンダル黒歴史」(2)

 18年3月にTBS系「あさチャン!」降板の顛末を報じられたのは宇垣美里。

「宇垣は入社3年目で『Hey!Say!JUMP』の伊野尾慧との交際がキッカケで、番組を降板。その際、担当プロデューサーに、『なんで私が降りなきゃいけないんですか!』とカップに入ったコーヒーをぶちまけたと報じられた。後に宇垣は『あなたからもらったコーヒーは飲めません』と言って捨てたことを認めたほどです。過激なキャラクターぶりで干されて、フリー転身を余儀なくされました」(放送作家)

 これには女子アナウォッチャーの丸山大次郎氏も驚きを隠さない。丸山氏によれば、愛らしいルックスと爆裂バストというギャップの萌え系的なイメージが強かったのに、「実はサバサバ系だったというので意表を突かれた記憶があります」という。

「若手や中堅の女子アナが上層部にたてつくというのは、おそらくありえないことだったはず。それを口ごたえだけじゃなく、出されたコーヒーを飲まずにぶちまけるとは硬派すぎますよ」(丸山氏)

 フリー転身から丸2年。ドSキャラを開花させられるかが、今後の成否を決めることになりそうだ。

 宇垣と親友で知られた元テレビ東京の鷲見玲奈も昨年4月にフリーに転向。1年を過ぎてノビノビと活躍を繰り広げているが、彼女もまたスキャンダルの洗礼を受けて転身したケースと言えよう。女子アナウオッチャーによれば、

「昨年の文春砲では、テレ東アナ男女4人で飲み会後にカラオケボックスへ行き、先輩男性アナと不適切な関係になったという断定的な書きっぷりだった。しかもあの時、鷲見が同席した女子アナに向かって『あなたたちもやらないの?』と言ったとか。結果的に先輩の男性アナは営業部に異動。鷲見も突如、番組出演を取りやめるなど、大事に発展しました」

 その後、フェロモン全開のフリー転身直後を襲ったのが、昨年10月の元恋人による「男女が出会うサイト」を巡る「暴露事件」だった。女子アナウオッチャーが続ける。

「元恋人が告白する形で、14年頃にサイトを通じて交際していたことや、合コン三昧ぶり、別のオトコ遊びをしていたことが発覚して破局していたことが明らかに。最終的に鷲見の所属事務所も、交際の事実については認めました」

 だが「ポスト田中みな実」の最右翼といわれるだけに、この程度のスキャンダルで潰れるはずもない。その理由は並外れた度胸のよさにあった、と丸山氏は言う。

「ルックスもボディもフェロモン系で、プライベートまで積極的というか、“隙”があるというのが彼女の強みだなと。ちなみに『FLASH』でアホ男が暴露するよりも前に、自分の番組(「家、ついて行ってイイですか?」)で『出会いがなさすぎてマッチングアプリに登録したことがある』と話していて、こういう堂々とした姿勢がすごく好感的だなと。今ブレイクしているのも、変に飾らずに何でも貪欲に挑戦するという姿勢が評価されているからではないか」

 現在、岐路を迎えているのが、フジの「めざましテレビ」でお天気キャスターを務める阿部華也子だ。オリコンの「好きなお天気キャスター」で2連覇を果たすなど、上げ潮に乗る注目株のはずだが…。

「昨年11月に、出会い目的で男女が訪れる酒場で知り合った初対面男性と酔った末にディープキスをした顛末が写真週刊誌に報じられました。しかも掲載されなかった写真の中には、かなり酔っ払ってあられもない様子のものもあるようで、いわば『時限爆弾』を抱えて周囲も戦々恐々としている。健康的なフェロモンで人気も高いですが、証拠写真があるだけに、あまり活動の幅を広げづらいというネックもあるそうです」(女子アナウオッチャー)

 さらなる話題提供を期待したい。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【CNNも報道】想像上の生物が実際に目撃されて大騒動に!アメリカに出没する「ミシガン・ドッグマン」の映像分析
2
西武「史上最速で自力V消滅」「借金20でアウト」松井稼頭央監督と平石洋介ヘッドコーチ「セットで退場」Xデー
3
「ちょっと待って」と視聴者!由美かおる73歳の短すぎるスカートが真っ昼間にさく裂で「これ、ひざ上何センチ?」
4
元フジテレビ・久代萌美が「仕方なく妊娠発表」したのは「気になりすぎるネットニュース」があったから
5
テレ朝・斎藤ちはるがラグビー日本体表・姫野和樹とカメラも気にせず寄り添って…