芸能

明石家さんま、大竹しのぶが破った「結婚の条件」!ラジオで明かした“初耳話”

 明石家さんまが5月29日放送の毎日放送ラジオ「ヤングタウン土曜日」で、女優・大竹しのぶとの離婚原因を改めて語る一幕があった。

 さんまはアニメーション映画「漁港の肉子ちゃん」(6月11日公開)を企画プロデュースし、大竹を肉子役に起用。26日に行った完成報告会を振り返った際、「ホンマにありがたい。今回の声をやっていただいて。さすが大竹しのぶ」と声優としての実力を絶賛していた。

 番組では、「考えてみたら、(大竹が)仕事を辞めることが条件で結婚して。仕事を始めたんで『これは違うぞ』というのでケンカになったり、それもあるんです」と、これが離婚につながった経緯でもあったと振り返ったさんま。これに共演者の村上ショージが「ええー!」と驚きの声をあげると、さんまは「何が? お前知ってたやん。何べんもお前に言うてるやん」と不服そうにコメント。村上はかつて、さんまが“60歳で仕事を辞める”と言っていたが、60歳ぐらいから脂が乗ってきたことを例に挙げ、「人間って、いろんな場面、場面で変わってくるじゃないですか」と説明した。

 するとさんまは、「僕は結婚の時、(大竹は)仕事を辞めないだろうと思って言ったんです。実は。『仕事辞めるんなら結婚します。二千翔(にちか=長男)の面倒みるけど、辞められないでしょ?』って一度聞いてるんです。そしたら『辞める』ということで、ああいう形になったんです。大竹しのぶが大竹しのぶを捨てるって、これは責任重大やと思って」と結婚決意の理由を明かし、「もともとそう言っておいて仕事を始めるのが、向こうの作戦だったとは思う」と付け加えた。

 村上が「でも、周りから『これ出て(出演して)ください』『これ大竹さんの作品ですよ』と言われれば…」と、大竹が仕事を断りづらいことを指摘すると、さんまは「まあそうやろね」と同意。「IMALUが生まれたばっかりというのもあるし、3歳までは家にいてあげてほしかったというのは…、これはそうなんです。だからそういうことでいろいろあったんです」と回想し、「『仕事辞めるなら結婚します』『仕事始めるから離婚します』。単純に言うとそういうことなんやけど、今回、仕事お願いするって…もう訳わからん」と語り、笑いを誘った。

 大竹が家庭に収まるタイプではないのに加え、さんまも結婚時代は「おもしろくなくなった」なんて言われてもいた。それを考えると、お互い別れて正解だったのでは。

(鈴木十朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
2
さいたま市民が埼玉高速鉄道の「延伸」を熱望するのは「大宮駅で乗り換え」がダメダメすぎるから
3
中国が日本国内に設置「秘密警察拠点」の幹部女性を雇用した自民党参院議員の激ヤバ度
4
【トップシークレット】ヤクルト・奥川恭伸が決断を迫られる「トミー・ジョン手術」長期離脱
5
古代シュメール人に文明を与えた「幻獣オアンネス」は宇宙服を着た地球外生命体だったという考察