芸能

清原果耶、「NHKに愛された女優」が朝ドラで見せる“繊細な演技”とは?

 19歳の若手女優・清原果耶がヒロインの百音を演じるNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」が評判だ。第2週(5月24~28日)の視聴率は17.1%に留まったものの、回を追うごとに彼女の表情にくぎ付けになる視聴者が増えているという。

「朝ドラの第2週視聴率は2019年前期の『なつぞら』が22.2%をマークして以降、4作連続で下落。『おかえりモネ』は前作の『おちょやん』(18.2%)から1ポイント以上も下げ、ここ10作で最低の数字となっています。ただこの結果は決して清原の評価を下げるものではありません。そもそもテレビ視聴率そのものが下げ基調にあることに加え、業界では世帯視聴率よりも個人視聴率を重視する方向にシフト。各局でもネットでの評判をより重視するようになっており、清原への期待はむしろ高まっていると言えそうです」(テレビ誌ライター)

 各メディアでは清原の透明感や演技力に着目。第一印象では無表情に見えつつも、勤務先の森林組合では笑顔を振りまきながら働いており、ラフターヨガ(笑いヨガ)の場面では「アーッハッハ!」と笑いながら全身を躍動させる演技が意外性にあふれている。

 その一方で北上川にかかる移流霧を観に行ったシーンでは、目から自然とあふれ出る涙が説得力を持って視聴者に訴えかけ、その演技力をあらためて示す形に。これぞ清原が「NHKに愛された女優」の真骨頂だというのだ。

「中1で受けたオーディションでは3万人超からグランプリに選ばれ、大手事務所のアミューズに所属。そこから半年ほどで朝ドラの『あさが来た』で女優デビューを果たしたというシンデレラガールです。しかも朝ドラは『なつぞら』も含めて今回が3作目。ドラマ初主演も2018年のNHK『透明なゆりかご』ですから、NHKから寵愛ぶりは驚くほど。『おかえりモネ』での演技を観れば、その高評価ぶりにも納得ですね」(前出・テレビ誌ライター)

 現在発売中のエンタメ誌「アサ芸Secret! vol.70」では、そんな清原の類まれなる“純潔力”に焦点を当てた特集を掲載。デビュー前から現在に至るまでの足跡をたどれば、彼女が今後、さらなる高みに登っていくであろうことを確信できるはずだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
松本伊代、それでもヒロミを選んだ“アイドル時代”群がった男たちの「接近手段」
3
衝撃発覚!あの紅白歌手に楽曲を提供した「薬物作曲家」の逮捕劇
4
安田美沙子、「感動の出産シーン」と真逆の“汚部屋”公開に“不衛生”非難が!
5
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…