特集

芸能人らも恐怖する年収ダウンのリスク!副業でカネを集める方法とは

Sponsored

Attractive business woman

「銀行は晴れの日に傘を貸し、雨の日に傘を取り上げる」という言葉はドラマ「半沢直樹」で語られた“銀行界の常識”の1つだ。業績の上がっている会社に無理やり融資を押しつけ、業績が傾いたとたん一転して貸し渋り、貸しはがしを断行する…あまりにも非情な掟だが、これはなにも銀行界に限った話ではない。

 もっともわかりやすいのが芸能界だろう。一度人気に火がつけば、テレビ局からも「A局さんだけでなくウチにも是非」とオファーが殺到するが、「勝ち馬の尻に乗れ」が合言葉のこの業界では人気が凋落したタレントには声すら掛からなくなる。 もちろん、タレントだってみすみす使い捨てされるのを指をくわえて見ているばかりではない。そんな雨の日に備えて飲食店、不動産業、自身プロデュースのブランドの設立など様々な形でサイドビジネスを展開している例が実に多いのだ。

 成功例をあげると着物姿にべったり白塗り顔で「チッキショー」と絶叫する一発芸で人気を博した一発屋芸人といえば、「エンタの神様」で活躍したコウメ太夫だ。絶頂期には一挙に数千万円稼いだが、将来に不安を持っていたコウメはその儲けで丸々中古マンション1棟を購入したという。予想通り人気は長続きせず、番組も終了したが、現在は大家さんとして月30万円以上の安定収入を得ている。芸は身を助けると言うが、思い切った投資こそが身を助けた例と言えそうだ。

 また、意外にも株で儲けていたのが杉村太蔵。実は小泉チルドレンとして衆議院に当選する前は証券マンだったスキルを生かし、昨年のアベノミクス効果もあり資産を1000万円以上増やしたとう。タレントとして特別な才能はなくても余裕さえ感じさせるのは潤沢な資産に裏打ちされているせいなのかもしれない。

 収入をもっと増やしたいと言う人はもちろんのこと、終身雇用制が事実上崩壊、消費増税、解雇特区…、ますますビジネスマンを取り巻く環境は悪化していくことが予想されるだけに、まさかのときに身を守る保険としてサイドビジネスの収入でリスクヘッジすることが必要なのだ。

 もちろん、必ず儲かる手堅い商売などないが、より確かなサイドビジネスとして近年、注目されているのがFX(外国為替)だ。一頃、家庭の主婦がFXで数億円稼いだと大騒ぎしたニュースもあったが、実際、日本では昼休みなどを利用する個人投資家は年々増えており、いまや国際レートに影響を与えるほどのブームとなっているのだ。

 とはいえ、FXは始終パソコン画面に釘付けになっていなければならないし、そもそもなど為替の知識のない自分には縁遠いものと感じている人も多いだろう。そんな障壁を一気に取り払ってくれるのが、ライズワンの「FONS」なのだ。「FONS」の優れている点は、初心者には難しい売買のタイミングを自動的に判断するという自動売買システムにある。ベースとなるのは一流トレーダーや金融工学のプロフェッショナル、そして数学者などの実績、経験を踏まえた文殊の知恵により構築された最新ロジック(売買ルール)だ。さらに、「FONS」では従来の自動売買システムには採用されていなかった「人工知能(AI)」システムがものを言う。このAIが経済指標や金融情報をリアルタイムに計測し続けることにより、想定外の事態によって引き起こる急暴落などにも自動的に対処することを可能としたのだ。つまり、この「FONS」を手元のパソコンにインストールすれば、為替初心者でもFX取引を容易に始めることができ、しかも常に市況を見守り続ける手間もないままに二足のわらじ生活がいとも簡単に実現できるのだ。事実、この「FONS」は過去6年間に及ぶ運用テストにおいて、厳しい相場をものともせずなんと1年間の平均利益67万円という結果を残している。[詳細はこちら]

 大胆な金融緩和、機動的な財政政策、民間投資を喚起する成長戦略がアベノミクスの3本の矢だが、7年後の東京五輪の開催が決定した日本ではさらに景気回復への期待が高まっている。かつて、1ドルは「円の内角の和」360円の固定為替だったが、ニクソンショックにより1973年から変動為替制に変わった。変動為替制40年の節目の年に、「FONS」という新たな矢を手に入れ、生活を向上させるいいチャンスではなかろうか。「FONS」の資料請求は無料、もれなくクオカードプレゼントのキャンペーン中とのことだ。

カテゴリー: 特集   タグ: , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
誰トク?MAXのLINA、「14歳で30歳の男と交際」告白に、厳しい声殺到
2
「後ろから突きたい!」岡副麻希、猫伸びポーズにまたも妄想爆発の声殺到!
3
岡田奈々を襲った暴漢を塀の中で制裁!安部譲二が遺した怒りと男の純情
4
蘇る“朝ドラ女優”の艶演技(4)大量の“潮”まで見せた清水美沙の女優魂
5
あわや胸の“レーズン”が!マギーの艶ショットに「これは事件」の評