スポーツ

元ヤクルト飯田哲也、日本シリーズ「伝説のプレー」を成功させた“直感”とは?

 1993年、日本プロ野球の日本シリーズは、ヤクルトスワローズが、常勝球団の西武ライオンズ相手に4勝3敗とし、90年にヤクルトの監督に就任した故・野村克也氏にとって初の日本一となった。

 このシリーズで、最高殊勲選手に選出されたのは、ヤクルトの川崎憲次郎氏。2試合に登板して2勝の活躍、第7戦をもぎ取った立役者だが、この選手の守備での働きも大きいものがあった。当時、ヤクルトに籍を置いていた、飯田哲也氏であり、第4戦の8回表に、センターの守備に就いた飯田氏が強肩を生かして「伝説」のダイレクトバックホーム。ランナーの生還を阻止し、スコア「1‐0」で辛勝、3勝1敗として西武に王手を掛けるに至ったのだ。

 その飯田氏が、プロ野球のOB多数が所属する「プロ野球OBクラブ」のYouTubeチャンネル〈プロ野球OBクラブチャンネル〉に出演し、「野球人生、生きてきた中でのベストプレー!」と当時のプレーを振り返った。

 同チャンネルの6月21日付け投稿回〈【飯田哲也】忘れられない1993年日本シリーズ。伝説のバックホーム〉によると、その時、当時のコーチからは、外野の守備に就いた飯田氏に、同点覚悟で「下がれ」の指示だったそうだ。しかし、バックスクリーンからホームに向けて逆風が吹いていたことから、打球が外野の守備を越えることはないと判断。もちろん、西武のバッターはスラッガーの鈴木健氏だったことから、越える確率も十分にあった。が、飯田氏は自身の直感を信じて、コーチの指示は見て見ぬフリ…。結果は、センター前ヒット、前進守備が生きたバックホームであったことを明かしたのだった。

 直感が裏目に出れば、レギュラーを外される覚悟を持って臨んだと言う飯田氏の執念が実ったのではないかと思われる日本一。貴重な話が拝聴でき見応えのある回だった。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
爆弾投下で朝ドラ降板も!浜辺美波を襲う「男スキャンダル」大暴露予告の心身異変
2
水着写真で判明!藤田ニコル「おマタの膨らみ」に向けられた「アノ疑惑」に出た結論
3
本田望結が“オトナ”を意識し始めた?海辺の強調ボディ「ビックリ成長具合」
4
松岡茉優がM字開脚でDカップを揉みしだく!問題作の「過激プレイ」で噴出した「フルオープン」熱望論
5
稲村亜美、ゴルフ対決で本気を出した豪快“黒パン”見せと“みっちり”縦スジ