芸能

二階堂ふみ 森七菜「移籍トラブル」の黒幕呼ばわりに「全くの無関係」の怒髪天

 20年の朝ドラ「エール」で主人公を演じた二階堂ふみ(26)と妹役の森七菜(19)。2人の関係を巡って怒髪天の騒動が勃発していた。

 コトの発端は今年1月に発覚した森の移籍トラブル。

「森は19年公開のアニメ『天気の子』でヒロイン役の声優に抜擢され、昨年秋クールの『この恋あたためますか』(TBS系)で連ドラ初主演。人気女優の仲間入りを果たしましたが、今年1月14日に所属事務所アーブルの公式サイトからプロフィールが消え、公式インスタグラムも削除。所属事務所とのトラブルが表面化したんです」(スポーツ紙記者)

 1月15日にはスポーツ紙から移籍先として報じられたソニー・ミュージックアーティスツ(SMA)が、〈現場をサポートさせていただいていることは事実です〉とコメントを出し、1月24日にはエージェント業務提携を行うことが正式に発表された。

 急転直下の移籍劇に、芸能界ではご法度とされる“引き抜き工作”を疑う声も聞かれたが、

「一部報道で、二階堂の黒幕説が浮上したんです。朝ドラで共演した際にかなり親しげに話していて、森も二階堂を『お姉ちゃん』と慕っていましたから。そうした親密ぶりもあって、二階堂がSMAと森の間に立って橋渡しをしたのではないかと、疑惑の目が向けられたのです」(芸能プロ関係者)

 ところが、黒幕呼ばわりされたことに、二階堂は大激怒。

「全くの無関係。巻き込まれるのは勘弁してほしい」

 と、関与を真っ向から否定したのだという。

「この発言を受けて、SMAサイドは二階堂が森を引っ張ったと誤解を生まないよう、アーブルに対して『森の移籍に二階堂は全く関係ない』と説明したそうです」(前出・芸能プロ関係者)

 前述したように、森は現在、SMAの専属女優という立場を取っていない。

「SMAが森を引き抜いたという印象を持たれたくないのもありますが、森の母親が猛烈なステージママとして知られていることもあってか、マネージャーを志望する人がなかなか現れない。現在は成田凌と二階堂のチーフマネージャーが森の現場に同行している状態です」(前出・芸能プロ関係者)

 移籍問題が尾を引き、森のメディア露出が減った一方で、二階堂は7月13日から始まる「プロミス・シンデレラ」(TBS系)で、初めてとなる連ドラ単独主演を果たす。

「二階堂が演じるのは一文無しのアラサーバツイチ。原作漫画の主人公がすごく華奢なので、これまで以上に気を遣って、野菜中心の生活を心がけているようです」(テレビ誌ライター)

 黒幕説を払拭したシンデレラ姿が見ものである。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
完熟フレッシュ・池田レイラが日大芸術学部を1年で退学したのは…
3
またまたファンが「引き渡し拒否」大谷翔平の日本人最多本塁打「記念球」の取り扱い方法
4
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
5
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言