芸能

赤井英和 地元がたくさん映る新作主演映画「ねばぎば 新世界」

●ゲスト:赤井英和(あかい・ひでかず) 1959年、大阪府生まれ。12連続KOの日本記録を樹立(当時)するなど“浪速のロッキー”の愛称で人気を集める。引退後は芸能界へ転向、89年の半自伝的映画「どついたるねん」に主演し、多くの新人賞を受賞。7月10日より、監督も務める上西雄大とのW主演映画「ねばぎば 新世界」が、東京・新宿K’s cinemaほか全国で順次公開される。

 プロボクサーから転向し、数々の映画やドラマに出演する俳優・赤井英和。最近は夫人がツイッターでつぶやく日常も話題に。そこで今回は、その夫人も乱入しての変則対談がスタート! 信じられない驚きのエピソード満載で、思わず天才テリーが映画製作に乗り出す!?

テリー 主演映画「ねばぎば新世界」がもうすぐ公開ですね。拝見しましたけど、アサ芸読者も好きそうなアクション映画で。

赤井 街でのケンカシーンなんかもありますし、物語としても気持ちがスカッと晴れるような作品になったと思います。

テリー また、映像もほんとに(大阪)新世界の空気感が出てるし、最初の飲み屋のシーンも、僕はお酒が飲めないんで、あんまりああいうところは行かないんですけど、関東の人間からすると「あぁ、こういう感じなのか」って雰囲気がよく出てますよね。

赤井 僕が新世界で映画を撮るのは30年ぶりで、「どついたるねん」「王手」に続いて3作目になります。

テリー そうですよね。あのへんで育ったんですか。

赤井 家からすぐ近くで、地元みたいなもんですね。今回、私が演じた村上勝太郎。通称、勝吉の実家は本物の私の実家ですし。

テリー え、そうなの。

赤井 はい。32年前に「どついたるねん」で演じた安達英志の実家も、私の実家を使って撮影しました。

テリー あ、そうなんだ。

赤井 それ以外も今回の映画で私が勤める串カツ屋は、高校のボクシング部の後輩の店で、もう45年の付き合いですし、そういう仲間や地元がたくさん映ってる作品で、うれしく思います。

テリー 例えば僕が地元の築地で撮影したら、うれしい反面、照れちゃうような気もしますけど、それは?

赤井 いや、それはあんまりなかったです。脚本を見ながら「このシーンはあそこで撮るんだな」「これはここだな」とイメージしながら、毎日非常に楽しく現場に行ってました。

テリー 赤井さんって豪快なイメージがありますけど、ちゃんと脚本とか読んで撮影に臨むんですか。

赤井 私、もともとあまり頭が良くなくて、セリフ覚えがまぁ悪いものですから、いつでも確認できるように、脚本やセリフをメモした紙を持ち歩いたりして、何度も何度も繰り返し読んでます。繰り返すことが暗記につながると思ってますので。ただ、この映画の脚本は、私自身本当に納得できるもので、ここ(口)ではなく、ここ(心)からセリフが出てきましたから、そんなに覚えるのに苦労はなかったです。

テリー それだけ勝吉という男と赤井さんが近いんでしょうね。また、すごいのが2020年「ニース国際映画祭」の外国映画部門最優秀作品賞(グランプリ)、2021WICA(ワールド・インディペンデント・シネマ・アワード)の外国映画部門で、W主演の上西雄大さんと最優秀主演男優賞を受賞ということで、海外でも評価が高くて。

赤井 ありがたいですね。国籍や肌や目の色が違っても、感じ取ってくれる人たちの心というのは、そう違うものではないんかなというふうに思いました。

テリー 赤井さんみたいな無骨な役者さんって、最近は日本でも少ないから、この映画をきっかけに海外からオファーがあるかもしれないですね。

赤井 いやいや、どうですかね。ありがたい話です。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
2
皆藤愛子“復活”で注目を集めた色白“透け衣装バスト”の膨らみ具合
3
木村文乃、“艶気なし”指摘を吹き飛ばす「前かがみ水着バスト渓谷」の破壊力!
4
新井恵理那、「コスプレ7変化」披露で大反響呼んだエグすぎる“爆裂バスト”
5
小泉今日子が言及した「安室奈美恵が引退しちゃった」ワケ