芸能

不評から一転!永野芽郁、「ハコヅメ」で見せた“肉感ヒップ”に悶絶の声

 7月7日に放送された戸田恵梨香と永野芽郁がダブル主演するドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」(日本テレビ系)の初回視聴率が、11.3%だったことがわかった。同ドラマは次回、裏番組が強敵揃いだという。

「次回の『ハコヅメ』の裏では、音楽特番『FNS歌謡祭』(フジテレビ系)や初回時に放送を休止していた人気バラエティ『水曜日のダウンタウン』(TBS系)が控えています。今年の日テレ水曜ドラマといえば、『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』や『恋はDeepに』も初回で2ケタ視聴率を記録したものの、2話以降は1ケタ台となりました。そのため、『ハコヅメ』がこのまま2ケタ台を維持できるかに注目が集まっています」(テレビ誌記者)

 そんなドラマ「ハコヅメ」は、戸田と永野演じる交番勤務のコンビが、互いに支え合いながら、事件や恋に奮闘する物語だが、今回、放送が始まると、2人の“制服姿”に視聴者から様々な声があがったという。

「戸田と永野はドラマにて、青いシャツにスラックスの制服姿で出演しています。しかし視聴者の中には、婦人警官といえば丈の短いスカートポリスというイメージを抱く男性も多いので、『スカートじゃないのかよ!』と不満の声が相次ぐことに。しかしドラマの前半、永野がしゃがんだ状態から立ち上がるというシーンが放送されると評価は一転。その際、カメラが背後からローアングルで映していたことで、スラックスの張り付いた永野の“ぴちぴちヒップ”が強調されることとなり、『魅力的なヒップ!』『スラックスのほうが良いかも』『視聴継続!』と視聴者から称賛の声が飛び交うこととなりました」(前出・テレビ誌記者)

 NHK朝ドラ「半分、青い。」時代は10代だった永野も今や21歳。大人となった彼女の魅力が、多くの視聴者の心を繋ぎ止めたようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「旧姓の印鑑を即捨て」「服は10着だけ」北川景子のプロフェッショナルな「処分&整理力」が潔すぎる
2
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」
3
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美
4
「手で隠すなら出すな!」梨花が非難を浴びた「ボタン全開バスト」の中途半端な見せたがり
5
「ポスト水卜麻美」で岩田絵里奈を脅かす!日テレ・杉原凜「癒しDバスト」貴重映像