スポーツ

槙原寛己、「巨人復帰が無いのは“ミスター保留”だから!?」西崎幸広と動画放談

「巨人三本柱」として活躍した、槙原寛己氏、斎藤雅樹氏、桑田真澄氏。3人に共通して言えることは、巨人人気の貢献度高い選手ということである。

 斎藤氏は、20勝すること2回、プロ通算最多勝利5回ものタイトルに輝き、桑田氏も、最優秀防御率2回、最多奪三振1回など数多くのタイトルを獲っている。その功績ゆえに斎藤氏は2001年に引退すると、翌年の02年から03年まで一軍投手コーチを務め、06年には原辰徳第2次政権に伴い、一軍投手コーチに復帰。桑田氏は今年から一軍投手コーチ補佐として球界復帰を果たしている。

 ところが、「三本柱」の最年長であり、史上15人目、平成で唯一となる完全試合達成者の槙原氏だけが、巨人復帰を成し遂げていない。なぜだろうか…?

 槙原氏のYouTubeチャンネル〈ミスターパーフェクト槙原〉に、主に日本ハムファイターズで活躍した元プロ野球選手・西崎幸広氏が出演。同チャンネルの7月8日付け投稿回〈【契約更改の裏側を明かす!】セカンドバッグを投げたあの日&槙原の契約テクニックとは?〉で、過去の契約更改について振り返ったところ、「ゴネ得」との考えを持っていた槙原氏は、自分は「絶対に保留」していたとして、後輩から交渉時の妙案を求められた際も、「保留しろ!」と答えていたと明言。球団側に立った思考ではないことから、「だから、マキさん(巨人の)ユニフォーム着れないんだな」と西崎氏が苦笑交じりに指摘。槙原氏が「オレ、“ミスター保留くん”でしたよ」と、自虐的に笑いを誘う一幕も見せたのだった。

 槙原氏のユニフォーム姿も再び見たいところではあるが、自身のYouTubeでこんな放談を聞かせてもらえるのなら、巨人復帰よりも魅力的かも?

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
柴咲コウ&吉高由里子に惨敗!「荷が重すぎた」新木優子の「ガリレオ」演技
2
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
3
中国ファンドVS令和の相場師…日本企業「乗っ取り」攻防戦が過激化する
4
巨人・坂本勇人「伝統の一戦」がヤジの応酬になった阪神・西勇輝との「ゲス比べ」
5
「やめてーー!」足立梨花が「正面・バック・女性上位」ハメ映像漏洩に大絶叫