芸能

広瀬アリスは「純白肌着」の紐を食い込ませ…「有名美女」聖火走者の“艶躍動”!

 昨年3月にスタートするはずだった聖火リレーは、東京五輪延期に伴って1年の延期。今年3月に改めて始動し、ようやく開会式まで聖火をつないできた。各地でのハイライトは、有名美女たちの「フェロモンを振りまいての疾走」である。

 静岡県を走る広瀬アリス(26)は出色だった。

「アリスは駿河湾のフェリー船上を走りましたが、階段を降りる際にカメラが後ろ姿を捉えた時でした。白いブラ紐がくっきりと浮かび上がっているんですよ」と語るスポーツと艶っぽさの融合を科学する、ライターの尾谷幸憲氏によれば、10秒ほどもその状況の映像は垂れ流され、「ブラ紐が背中のお肉に食い込んでいる様子」が艶っぽさを倍増させていたという。

 東京五輪公式HPには、ユニフォームの下について〈ユニフォームは白色のため、インナーの色味は白・ベージュ等の淡色を推奨、デザインは無地のものをご着用ください〉と記載されている。

 ルール順守のスポーツマンシップを証明したばかりか、純白で無地の肌着が“丸っと見え”という「思わぬサービス」まで披露。アマの祭典の五輪ではあるが、アリスの「プロ根性」に脱帽である。

 7月20日発売の「週刊アサヒ芸能」7月29日号では、他にも壇蜜や石原さとみなど、日本各地で喝采を浴びた有名美女聖火ランナーたちの「躍動ぶり」を詳報している。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
岡村隆史が猛批判!アンガールズ田中の「めちゃイケ」丸パクリ番組に「こんな悲しいことある?」
2
「サンモニ」上原浩治にも“不要論”関口宏・達川光男“噛み合わない騒動”の波紋
3
佐々木希を「公開処刑」に追い込んだ秋田の超絶美女アナ「Dバスト素顔」
4
有吉弘行「性ビデオ業界転身」も考えた…「故郷の広島に帰る」宣言で夏目三久はどうする!?
5
ドン引き!「坂上忍に2歳長男を預ける」華原朋美の「超前のめり」な主張