芸能

綾瀬はるか、Fバスト”チラっと見せ”で「馬乗り」迫った!/2021上半期艶大賞(3)

 長引く緊急事態宣言やまん延防止等重点措置は、テレビと向き合う時間を増やした。艶大賞「ドラマ・CM部門」では、そんな閉塞感を吹き飛ばすような「隠されていた悩ましい瞬間」を一挙出しする。

 男と女が、刑事と殺人容疑者の立場で入れ替わる。綾瀬はるかと高橋一生の主演ドラマ「天国と地獄」(TBS系)は、1月期ドラマの大きな目玉となった。女性アイドルに明るい漫談家・ユリオカ超特Q氏がナットクの表情で話すところによれば、大林宣彦監督の「転校生」や、アニメ映画の「君の名は。」でもそうであるように男女の入れ替わりは艶っぽいシーンがつきものだという。さらに、このドラマでも、タンクトップからFカップがハミ出しそうな姿で馬乗りになるのを迫っているシーンがあるとして、「綾瀬は『おっぱいバレー』(09年、東映)に主演したように、男の要望に応えるタイプ」であることもつけ加えた。

 第5話では肌見せ度の高い黒いワンピースに身を包み、入れ替わった中身の高橋が「本当にいいカラダしてますね」とつぶやくシーンもあり、倒錯的な艶っぽさを感じさせた。

 女優きっての美バストを持つ吉岡里帆は、4月スタートの「レンアイ漫画家」(フジテレビ系)でヒロイン役を。芸能評論家の織田祐二氏が解説するところによれば、初回からバスト揺れシーンがてんこ盛りで、「初回だけで4シーンも」あったとし、「計27秒42回揺れたと話題になりました」とのことだ。あまりの「激震」ぶりに“あの揺れ方はノー肌着?”と疑惑が持ち上がったほど、「奮闘していました」とも。吉岡を「石原さとみもガッキーも結婚した今、男性の熱視線を浴びる最後の女神」と評するユリオカ氏も、初主演ドラマで肌着姿のまま歩くなど「出し惜しみしない姿勢がいいですね」と絶賛する。

 近年、艶っぽい描写においても侮れないのがNHKのドラマ。6月に始まった佐藤二朗主演の「ひきこもり先生」では、元祖グラドルの嘉門洋子が体当たりの演技を見せた。織田氏によれば、「NHKらしからぬ」“爆裂バスト不貞情交”を披露したという。嘉門は不貞に走る母親役で、グラドル時代の88センチEカップ爆裂バストが復活したか、と思われるほど、半分マッパで男と絡み合っていたそうで、「視聴者から『演技とは思えない艶技がスゴかった』の声が上がりました」(織田氏)とのことだ。

 さらに、4月スタートの「きれいのくに」では、元おはガールの清純派・岡本夏美が、正常位でのベッドシーンに挑んだ。

「こんな場面が必要なのかと思うほど攻めていましたね。スレンダーボディで定評のある岡本が、屈強な若者に覆いかぶさられて、男の腰を両足で挟む。俯瞰の映像では、目を閉じ、口が半開きで、本気で感じているのかと思わされる」(織田氏)

 続いてCM篇を見てみよう。もはや、艶大賞のVIP的存在の田中みな実は、1月20日に人気肌着ブランド「ピーチ・ジョン」のミューズに就任。公開された肌着姿の画像や動画にアクセスが殺到した。織田氏によれば、「モデル風オシャレ系を排除」していて、“直球の艶っぽさ”を放つ「グラドルイメージDVD風」の出来栄えだという。マギー、こじはる、ローラ、梅宮アンナ、中村アンといった歴代ミューズを研究し、ピーチ史上、私がいちばん艶っぽい! という自信を感じさせたそうだ。

 そしてグラドルの和地つかさは、6月スタートの「ライザップ」のCMで10キロ以上の減量に成功。国宝級と呼ばれるIカップはそのままに、ウエストは19センチも引き締まった。ユリオカ氏が力説する。

「ダイエットに成功したことによって、逆にぽっちゃり派を揺れ動かしましたね。磯山さやかとか、水卜麻美アナとか、愛されるぽっちゃりの魅力を持っています」

 ユリオカ氏によれば、お茶の間に爆裂バストCMを流した功績は大きいそうだが、「リバウンドしたら、それはそれで喜ぶ層もいるという二重構造」なのだとか。夏本番には、さらに肌見せの高い映像が跋扈するだろうか─。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり【2024年6月BEST】
4
吉沢京子「芦屋夫人」を捨てた離婚と「中村勘三郎との6年愛」仰天告白/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった