芸能

「暴走女子アナ大増殖警報」発令中(3)人脈が仇となったフジ・久代萌美

 暴走といえば、フジテレビきっての毒舌で鳴らした久代萌美元アナ(31)は数多くの「暴走伝説」を残したお騒がせアナだったが、7月1日付でネットワーク局に異動となってしまった。

 その鮮烈デビューは、19年8月放送の「ワイドナショー」で、松本人志に「コンパ好き」をバラされると、怒りのあまり「本当に嫌い。干されればいいのに」と噛みついたことで大炎上。この「逆下剋上発言」をめぐって、フジテレビには300件以上の苦情が殺到したほどだった。さらに昨年6月には当時交際中だったユーチューバーの夫との痴話ゲンカで警察沙汰に発展したことも記憶に新しい。

 もっとも、フジテレビ社員によれば、今回の異動はこれらのトラブルとは無関係だとも。

「実は、局に匿名で密告があった『黒い交際』の情報が、彼女の唐突な異動のきっかけになったと言われているんです。彼女は有名企業経営者らとのパーティー人脈で知られていますが、その人脈に『詐欺事件に関与している人物がいる』とのタレコミが局にもたらされ、コンプライアンス上の問題はないか調査が行われていたそうです。本人が疑惑を否定し、決定的な証拠はなかったものの、今後のトラブルを恐れた上層部が異動を決断したようです」

 少し調子に乗りすぎて、“粛清”の憂き目に遭ったようだ。

 温厚キャラで知られるテレビ朝日・三谷紬アナ(27)は、その飲酒量が暴走モードに突入している。テレ朝関係者が語る。

「昨年から彼女はテレ朝公式YouTubeのダイエット企画にチャレンジし、短期間での減量ぶりが注目を集めましたが、半年ほど前から急激にリバウンド。企画スタート時の体重を超えるのも時間の問題となっているんです」

 なんと、暴飲暴食が減量失敗の理由のようなのだ。

「三谷アナが同僚に漏らした話だと『どうしてもお酒を我慢できない』とのこと。『蒸留酒はどれだけ飲んでも太らない』という独自の理屈で毎晩、深酒を続けていて『酔っ払うと知らないうちに何かを食べている』そうで、普通のダイエットに失敗。その結果、局内では『次はトライアスロン挑戦ぐらいキツイ企画をやるしかない』と、よりハードな企画が浮上しています。晩酌さえやめれば痩せられそうなものですが‥‥」(テレ朝関係者)

 いよいよ8月4日に写真集「すみにおけない」の発売を控える鷲見玲奈(31)は「宣伝攻勢」が止まらない。

 テレビ関係者によれば、

「周囲がドン引きするぐらいの勢いでアピールに力を注いでいるんです。局で面識のあるスタッフに会うと写真集のサンプルを手渡しして『番組で紹介してください』と懇願している。さらには嘘か本当か『コロナが収まったら飲みに連れていってください』とオヤジ殺しの色仕掛けまで講じていますよ」

 業界人以上に彼女が宣伝攻勢を強めているのが、ネット上でつながる自身のファンだ。テレビ関係者が続けて明かすには、

「彼女は所属事務所が運営する有料会員制メッセージアプリで写真集のオフショットの大盤振る舞い。股を大開きにして逆立ちする写真を公開するなど、普段は絶対に見せないサービスカットを連発。写真集を購入することにより、オンライン上で一対一で彼女と会話できる権利を『個別トーク会』として1000枠販売している。これが『5冊購入したら2分間、鷲見と個別に会話できる』といった『オンラインキャバクラ』の仕組みなんです」

 なんとも巧みな戦略だ。

「ファンにとって魅惑的なのが、鷲見がリクエストを受け付けてくれること。ツーショット写真を撮れるのはもちろんのこと、『歌って!とかモノマネして!とか、可能な限りでリクエストも受け付けるよ』と彼女自身、メッセージアプリで表明している。案の定、販売開始から飛ぶように売れています」(テレビ関係者)

 もはやカオス状態の女子アナ界。はたして、軌道修正は果たせるのか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
しれっと復帰の三浦瑠麗さん、「6.21地上波テレビ出演」の渡部建に「鋼のメンタル」を与えてやって!
2
2026年WBC「ピッチクロック採用」に猛反対する日本球界の交換条件は「大谷翔平DHルール」
3
鉄道ファン騒然「青春18きっぷ」夏用の販売中止を裏付ける「決定的証拠」が出た!
4
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
5
今江敏晃監督の「超冷酷采配と大バクチ」で一気に浮上した楽天に「ひとりカヤの外」の男