女子アナ

フジ渡邊渚とテレ朝・三谷柚“バスト勝敗”は?女子アナ「艶金メダル争い」中継!

 連日、東京五輪では、選手たちが熱戦を繰り広げる中、その向こうを張って、女子アナたちが今も繰り広げている「艶っぽさの金メダル」を、7月27日発売の週刊アサヒ芸能が誌上開催。詳細にその模様を生中継している。「ロケットバスト」部門、「芸術的美ヒップ」部門、「筋ボディ」部門の三部門に加え、キー局対抗の団体戦で、艶表彰台に立つ美女を選出しているのである。

 女子アナといえば、入社試験では1000倍以上もの難関を潜り抜けてきたいわば、エリート中のエリート。そのルックスや話し方にばかり注目が集まるが、自己管理と鍛錬の賜物というべきフェロモンボディについても日夜、他局も含め他の女子アナの動向を横目に自身の肉体に磨きをかけているという。

 中でも、ロケットバスト部門で、入社2年目ながら“群雄割拠”のロケットバストアナの中で抜きん出ているのが、フジテレビの渡邊渚アナ。さるテレビスタッフが言う。

「バストの大きさだけなら彼女と同等の女子アナもいるかもしれませんが、質感の良さが、画面からも一目瞭然。その質量ともに唯一無二の存在なんです」

 そんな渡邊アナがロケットバストぶりをこれでもかと見せつけたのは、6月21日放送の「めざましテレビ」での一コマだった。

「夏の夜中に重宝する『冷却シーツ』の質感を比較する企画で渡邊アナがベッドに横たわったところ、巨大なバストがいっさい型くずれせず、天井に向けてそびえ立っていて、今にも“発射”寸前でしたよ(笑)。シーツよりもバストの質感が気になって仕方ありませんでした」(前出・スタッフ)

 そんな”ロケットアクシデント”からわずか1カ月余り。この間にも渡邊アナのボディは進化を続けているだけに、金メダルの最右翼候補と言えそうだが、この部門では、8月に写真集発売を控える鷲見玲奈アナや、ダイエットによりバストがより強調され、さらにはサイズもキープしたテレ朝の三谷紬アナなど先輩のライバルが立ちはだかる…。過酷なメダル争いの結末は、7月27日発売の「週刊アサヒ芸能」8月5日号で詳細にレポートされている。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
元アジアン・馬場園梓が後輩芸人に「姉さん抱かせてください」せがまれた結末
2
かまいたち山内が選んだ週刊少年ジャンプ「歴代最高マンガ」に同意の声続々!
3
これが人気美女ベスト5人「美ボディ改造」最前線だ(2)新垣結衣は1日3リットル以上の水を飲み…
4
夏目三久“山ありゴムあり”「美脚14年」を真相報道する(2)アイドルアナとして大ブレイク
5
新木優子、“8等身ボディ”写真でむしろ注目を浴びた「Bバスト」のカタチ