芸能

「TOKYO MER」出演の“ゼロです女優”、美ヒップ脱ぎ写真が話題沸騰!

 8月22日に放送された鈴木亮平主演のテレビドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」(TBS系)第8話の視聴率が、14.5%だったことがわかった。同ドラマはオリンピック終了後、大きく視聴率を上げたという。

「初回視聴率14.1%でスタートした『MER』は、5話まで2ケタを維持していましたが、オリンピック閉会式と重なった第6話で8.4%にまで下落。しかしその後、第7話で15%に大幅アップし、今回も好調をキープしました。この勢いが続けば、最終回では20%の大台突破も期待できそうです」(テレビ誌記者)

 ドラマ「MER」では、主人公たちによる救助活動の終了後、工藤美桜演じる危機管理対策室の職員が、毎回「死者は……ゼロです!!」と報告するシーンがお決まりとなっている。そんな中、ドラマを見た視聴者の間で、決め台詞を言う工藤の美ボディが話題だという。

「工藤はドラマで、全体の出番こそ少ないものの、毎回決め台詞を言う重要な場面でメインとなるため、ネットでの注目度が急上昇しています。そんな工藤といえば昨年、マンガ誌で初水着を披露して以降、週刊誌などでは美ヒップを活かした艶写真を連発。中にはよつんばい状態でカメラにヒップを突き出す大胆な水着グラビアにも挑戦しているんです。それだけに『MER』で工藤を知った視聴者の間では、『「ゼロです!」の子、調べたら美ボディの持ち主だったのか!』『あの制服の下には、こんなハリのあるヒップが…』『大胆グラビアを見てから「MER」を見れば、さらに楽しめる!』などと、グラビアと演技の両方を楽しむ声が徐々に増えてきています」(前出・テレビ誌記者)

 出番はわずかとはいえ、高視聴率ドラマの「MER」で強い印象を残している工藤。今回の出演を機に、女優やグラビアモデルとしての活動はさらに加速していきそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
謎の放置状態で急浮上した「クビになるタレント2人」の「証拠映像」
2
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
3
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
プロ野球「隠ぺいされた不協和音」ワースト7(3)原采配のシワ寄せを受ける巨人・坂本勇人
5
渡辺裕之「コロナ首吊り自死」前の奇行証言!「撮影現場で『物がなくなった』と妙なことを…」