芸能

綾瀬はるか「出世魚」女優の軌跡!(2)

 それだけではない。同時期に発売されたDVD「ホリプロスカウトキャラバン『JUMP! Haruka Ayase』」(VAP)に収められた、ビキニ姿で海岸を走るシーンではFカップの巨乳が左右に揺れ、見応えたっぷり。また縄跳びに挑戦するシーンでは、ジャンプするたびに揺れる綾瀬のたわわな巨乳をカメラがどアップで捉え、巨乳酔いしてしまいそうなほどだ。
 中でもグラドル時代の綾瀬を語るうえで欠かせないのが、02年に発売されたDVD「treasure~たからもの。」(ポニーキャニオン)だろう。もともとスポーツが得意の綾瀬だけに、このDVDではビキニで反復横跳びに挑戦。ここでもたわわな巨乳がプルルンと揺れる場面が延々と続く。左右上下に揺れる綾瀬の巨乳をカメラが大きくアップ! まるでH系のイメージビデオを彷彿させる。
 そして、語りのシーンでは思わせぶりな「手コキ」演出も用意されていた。綾瀬はなぜか手になすびを持って登場。独白しながら、黒光りしたなすをシコシコとナデ回したかと思えば、ヘタをいじったり、いとおしそうに愛撫する様子が、当時も波紋を呼んだものである。
 グラビア誌編集者が振り返る。
「まさに彼女が、なすを触る手つきはエロスそのもの。まるで70年代に『りんごヌード』で話題になったグラビアアイドル・麻田奈美を思い出させますね。制作側としては、なすではなくバナナあたりでやらせたかったのでしょうが、恐らく所属事務所サイドが了解しなかったんだと思いますね。それにしてもよくオッケーしたと思います」
「麻田のリンゴ」ならぬ、
「綾瀬のなす」が〝お宝〟 として殿堂入りするのは間違いないだろう。
 しかしこの当時、綾瀬自身は、自分の将来に不安を感じていた。
 彼女を知る芸能関係者が語る。「実は、このDVDのロケの夜、彼女は非常にナーバスになっていた。放心状態の彼女を心配したスタッフが声をかけたところ、『このまま芸能活動を続けていくことができるかなあ‥‥』と言って、泣き出したそうです。ひたすら乳を揺らし続ける毎日に不安を抱いていたのかもしれません」
 だが、綾瀬に舞い込むのは、その後も巨乳グラドルとしての仕事が大半だった。
 さるフリーカメラマンが明かす。
「日韓共催のW杯の応援タレントとして登場した時もジャパンブルーのビキニを着用。ところが、サイズが合わなくてハミ乳全開。まだ無名だったにもかかわらず、一躍、スポーツ紙のカメラマンの間で有名になりました」

カテゴリー: 芸能   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、東京五輪の初戦勝利で男性ファンを釘付けにした“大人バスト”
2
広瀬すず、東京五輪応援CMの縦揺れバストに「デカっ」視聴者釘付け!
3
小島瑠璃子、霜降りせいやへのアプローチに「まずは肉体関係から?」の指摘!
4
貴島明日香、みずから明かしファンを歓喜させた“安産型”下半身ライン!
5
フジ堤礼実に「穿いてない!?」疑惑声が上がった生放送“超ミニ”大サービス