芸能

上白石萌歌「スクール水着シンデレラ」の“妹”魔性(2)弱冠10歳でグランプリ獲得

 萌歌はデビュー当時から周囲の期待が大きかった。

 11年、過去に沢口靖子(56)や長澤まさみ(34)ら名だたる人気女優を輩出した「東宝シンデレラ」オーディションで史上最年少の10歳でグランプリに輝いているのだ。スポーツ紙芸能担当記者が振り返る。

「同大会は5年ぶりの開催ということで4万4120人ものエントリーがありました。萌歌は弱冠10歳にしてその頂点に立ったわけですが、同時に審査員特別賞を受賞したのが姉の萌音、ニュージェネレーション賞が浜辺美波(21)です」

 鳴り物入りで芸能界入りした萌歌は、同年にファッション誌「ピチレモン」の専属モデルとして活動をスタート。翌12年に女優デビューを果たすと、16年からはミュージカル「赤毛のアン」や「魔女の宅急便」、舞台「続・時をかける少女」などで主演を務めてきた。

 本名や素性を隠して「adieu(アデュー)」という別名義での歌手活動も話題になる一方、18年には姉と初共演した映画「羊と鋼の森」で「日本アカデミー賞」の新人俳優賞を受賞。その後もひっきりなしに話題作に出演し続けているのである。芸能評論家の三杉武氏はその英才教育に着目する。

「注目されるドラマや映画の出演、美声を生かして歌手や声優への挑戦、早い段階からミュージカルや舞台にも挑戦させて地力をつけさせようとしてきたのは、女優として大切に育てようという事務所の方針がうかがえます。人気女優の登竜門にもなっている『A-Studio』(TBS系)のアシスタントを務めたのもそんな期待の一環でしょう」

 ところで、何かと比較されるのが姉の存在だ。

 2歳上の萌音は、昨年放送の「恋はつづくよどこまでも」(TBS系)でのヒロインの新米ナース役が好評を博し、「オリコン上半期ブレイク女優ランキング」1位や「Yahoo!検索大賞2020」の女優部門賞を受賞。NHK朝ドラの主演が控えるなど、同じく飛ぶ鳥を落とす勢いだ。大手芸能事務所のマネージャーが明かす。

「事務所的には当初、オーディションでグランプリを受賞した萌歌をプッシュしていましたが、最近は萌音の充実ぶりが猛追している。同事務所は女性スタッフが多く、派閥ができやすい印象があるのですが、実際に一時期、スタッフの間で“萌音派”と“萌歌派”ができて、互いに牽制し合ってギクシャクした空気もありました」

 もっとも、周囲の喧騒をよそに、当の本人たちは仲がいいようだ。姉妹は現在、2人暮らしの同居中だが、互いに服を貸し借りし合ったり、おいしそうな差し入れが現場にあると家に持ち帰って一緒に食べたりしているという。この点は、よく比較される広瀬アリス(26)、すず(23)姉妹と似ているが‥‥。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
4
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
5
美女雀士・岡田紗佳の「激震しすぎる放送事故」で画面が緊急チェンジ!【2024年6月BEST】