芸能

大橋未歩アナがいよいよトップ奪回に向けて反撃に出る!

 大橋未歩アナ(37)が、来年1月8日からスタートの新番組を受け持つ。スポーツドキュメンタリー「WILL~それでも僕は走り続ける~(仮)」のナビゲーターを務めるのだ。

 1月に若年性脳梗塞を発症して入院、自宅療養で8カ月も長期休業していた大橋にとって、待ちに待った新番組だ。

「『所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!』しかレギュラーのなかった大橋にとって待望の2本目になります。受け持つのは、得意なスポーツ番組。大橋も大喜びで気合が入ってます。アスリートの表、裏など内面に切り込んでいく取材中心の番組です」(テレビ誌記者)

 第1回目は長野冬季五輪で金メダルを獲得した日の丸飛行隊のエース、スキージャンプの船木和喜選手。2月のソチ五輪出場をかけて復活を目指す姿を追う。翌週の15日は、元暴走族のトライアスロン選手、山本良介。22日は、明治大学時代にプロから「栄養費(裏金)」をもらっていたことがバレてプロ野球を引退した一場靖弘氏に密着する。

「挫折の人生を歩んだ選手に話を聴き、本音をさらけ出してもらおうというのだから、かなりハードルの高い仕事。ただし、病気という思わぬアクシデントで挫折を経験した大橋なら、選手にも共感してもらえるに違いない。4月には、ニューヨークからライバルの大江麻理子アナ(37)が看板番組『ワールドビジネスサテライト』キャスターとして舞い戻ってくる。報道キャスターとして箔をつけて帰ってくる大江に負けたくないようで、悲壮感さえ漂ってきますよ。とにかくここで頑張らないと、いいことなしだった2013年が最悪なまま記憶に残ってしまいますからね」(芸能ライター)

 とはいえ、心配なことが一つ。大橋アナは自他ともに認める頑張り屋。5年前の北京五輪直前、仕事のプレッシャーからイップスという運動障害を発症、1カ月もの間ろくにしゃべれず、睡眠時の歯ぎしりが悪化して歯が欠けてしまうほどのストレスにさいなまれた。

「最近は体調管理も万全だと胸を張っている。ぜひあの自慢のYC(ヨコチチ)披露を再開してほしいですが……」(前出・芸能ライター)

 茶の間のお父さんたちは待ちくたびれているゾ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「東京五輪までに逮捕される」ヤバイ芸能人リスト(2)売れっ子俳優Tにまつわる物騒な目撃情報
2
深田恭子「“37歳”新・むっちりボディ」の秘密をバラす(1)バストサイズがボリュームアップ
3
“チクポチ”まで披露!?森香澄「胸揺れダンス」の過激化が止まらない!
4
「時効警察」視聴率低迷の“戦犯”に吉岡里帆の名前が挙がり始めた窮地!
5
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!