芸能

かまいたち、秋からレギュラー16本!島田秀平が躍進を予言していた根拠とは

 かまいたち(濱家隆一、山内健司)と言えば、今やテレビでは見ない日がないほどの人気お笑いコンビだ。世間からの注目度を高めたのは、2017年「キングオブコント」優勝時。ただ、その後も関東圏でのテレビ出演はさほど増えず、前回チャンピオンとして出演した18年「キングオブコント」でも、「もう売れちゃって売れちゃって…。この1年で僕たちのこと見ない日ありました?」などと、山内が自虐ネタで笑いにしていたほどの反響の無さだった。

 しかしながら…かまいたちのYouTubeチャンネル「かまいたちチャンネル」で9月27日に投稿された動画では、この秋からはテレビが15本(山内のみの出演1本、濱家のみの出演1本を含む)、ラジオが1本と、レギュラーが増えたことを明かし、各番組の中身を10分間で端的に紹介。充実した表情を見せていた。

 思えば…タレントで手相占い師の島田秀平が、自身のYouTubeチャンネル「島田秀平のお怪談巡り」の昨年4月24日投稿回で、徳川家康にもあったことから“天下獲りの相”とも呼ばれている、感情線と頭脳線が一直線に伸びる線「ますかけ線」を紹介。ダウンタウンの浜田雅功、所ジョージ、有吉弘行、坂上忍など冠番組を持つ大物芸能人にはこの線があるそうなのだが、2人揃って持ち合わせているコンビは、かまいたちだけだと、次世代の天下獲りに期待を寄せていた。

「かまいたちチャンネル」のチャンネル登録者は140万人を誇る。今後もテレビにYouTubeに、驚異の躍進を遂げるかもしれない。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
3
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題
4
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
5
投資額が10分の1になる「愚の骨頂」…専門家が重大警告「国が後押しする新NISAは地雷だらけ」