芸能

魚住りえ 女性に対しては「聞くことが何よりのおもてなし」

テリー でも、アナウンサーってモテますよね。

魚住 どうなんでしょうね。テレビに出る時は仕事ですから「優しく微笑みかけながら」とか意識してますけど、実際それぞれ性格は違いますし、けっこう深く付き合うと、「あ、こんなに強い女性だったんだ」みたいなことが、後でわかったりするかもしれません。それは今の時代にぴったりだと思いますし、自分があることは大事だと思います。

テリー 確かに番組に合わせてチャラチャラやってるような女子アナの方でも、話すと「こんなにちゃんとしてるんだ」って驚くことがありますよね。

魚住 皆さん、すごく勉強もされてますし。

テリー でも、口説かれることはあるわけでしょう。

魚住 いやぁ、ほんとにモテたことないですよ。声かけられたこともないですし。

テリー それはたぶん、話し方が上手だから、口説かれても相手の気持ちを傷つけないように、かわしていたんですよ。

魚住 うーん。昔のことすぎてよく覚えてないんですが(苦笑)。その気のない方からの「ご飯食べに行きません?」とかのお誘いは「仕事が忙しくて‥‥ところで‥‥」みたいな感じで、全然違う話題に変えたり‥‥。

テリー 普通に友達だと思って食事に行ったら、告白されることだってありますよね。

魚住 そんなのありましたかねぇ‥‥。そういう時はまた友達の雰囲気に戻すように、会う頻度をちょっと減らしたりとかしてたかもしれないです。

テリー えー、ひどい女だなぁ(笑)。アサ芸はほとんどが男性読者なんですよ。じゃあ、どうやって女性を口説けばいいんですか。

魚住 女性はおしゃべりが好きなので、聞いてあげるとモテますよね。「聞くことが何よりのおもてなし」って、私は言ってるんですけど。女性がワーッとしゃべっても、「大変だったね、それで次どうなったの?」「わかるわかる、大変だったね」みたいな、ちゃんと共感する言葉で返してあげてほしいんです。そうすると、「この人と会うと、私ほんとにスッキリする」「一緒にいたい」っていうふうに思いますから。いちばんモテるのは聞き上手。だから聞くこともできるし、おもしろい話もできるなんて、テリーさんは最強だと思いますよ。

テリー でも僕、スケベなことばっかり考えてるので、それが目に出ちゃうんですよ。で、「なんかイヤらしいこと考えてるでしょう」って言われちゃう。

魚住 アハハ、すごいです。男性ホルモンがいっぱい出ていてすばらしい(笑)。

テリー でも、今みたいに何でもセクハラだと言われちゃうと、年齢もどこに住んでるかも聞けないし、どうやって口説けばいいのかって思いますよね。

魚住 そういう時は周辺から聞いていくといいかもしれないですね。例えば、そこが緑が見える場所だったら、「緑が多いところってすごく落ち着くよね。住んでるところは緑は見えるの?」とか。

テリー あ、いいですね。なるほど。周辺から軽く取材していくんだ。

魚住 相手からお話してもらえるように水を向けられるといいですよね。

テリー そのためには、まず相手にいい印象を持たれてないとダメですよね。

魚住 そうですね。ほんの1秒の工夫で、相手にすごくいい印象を持たれたり、またその逆の印象を持たれてしまうことがあるので。ほんとに皆さん、1秒を大事にしてほしいですね。

◆テリーからひと言

 いや、今回はいろいろと勉強になったな。次に会った時は、1秒でスケベがバレない方法を教えてください(笑)。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
4
「とにかく恥ずかしかった」太川陽介がブチまける大ヒット曲「Lui-Lui」の「給料7万円アップ」ウラ話
5
海外移住のフワちゃん「遊んでいても年商1億円超」新ビジネス開始の「驚異の商才」