スポーツ

ついに引退…斎藤佑樹の気になる“就職先”

 日本ハムが10月1日、斎藤佑樹投手の今季限りでの引退を発表した。

 斎藤は早実時代、“ハンカチ王子”の愛称で甲子園を沸かし、早大へ進学。1年生の春から開幕投手を務め、東京六大学リーグ、全日本大学選手権での優勝に大きく貢献。大学4年間で東京六大学史上6人目となる通算30勝300奪三振の記録を引っ提げ、日ハムに入団した。

「2011年のシーズン1年目から先発ローテーションに入り6勝。2年目は開幕投手も任され5勝をあげていますが、6月以降は極度の不振に陥り2軍落ち。その秋に右肩を負傷して以降は目立った活躍もなく、通算で88試合に登板、わずか15勝という結果に終わりました。昨年10月にも右ひじの副靭帯断裂にみまわれるなど、ケガに泣かされ続けたプロ生活でした。ただ、日ハムOBの西崎幸広氏などは斎藤について、聞いた話として“頑固な面がありコーチに指導されてもやらない。自分の理論でやりたいタイプ”と、石毛宏典氏のYouTubeチャンネルで語っています。そうしたこだわりの強すぎる面が、余計に一軍を遠ざけた面もあるのかもしれません」(野球ライター)

 それにしてもまだ33歳。認知度はいまだ抜群なだけに、今後、どのような進路を選ぶか気になるところだが…。

「スポーツキャスターとの声は以前からよく聞かれますが、枠として競争率も激しいことに加え、現役時代の実績が物足りないために説得力があるのかという問題もあります。また指導者側の立ち位置も、西崎氏の指摘通りの性格であればなかなか難しい。ただ、斎藤は以前、小学校を訪問した際に“将来の夢”として『ファイターズが世界一の球団になること。まずは選手として今年優勝できるように頑張る』と語っています。学業優秀なだけに、日ハムのフロントとして活躍する道は十分に考えられると思います」(スポーツライター)

 第二の人生に期待したい。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
「矢野はなんちゅうことをしてくれたんや」阪神OBが嘆く佐藤輝明の「致命的な初期育成ミス」
3
楽天・西武・中日…3弱チームの共通点は「PL学園出身監督」高すぎるプライドに江本孟紀ダメ出し
4
「長嶋監督、怒ってなかった?」高橋由伸が耳を疑った巨人・阿部慎之助監督の「のん気発言」
5
北京五輪「世紀のエラー」G.G.佐藤に野村克也が贈った死の10日前の金言「お前の勝ちだ」