芸能

「カイジ」と同設定の韓国ドラマ「イカゲーム」で女優が衝撃の“マッパ騎乗”

 9月17日から配信されているNetflixオリジナル韓国ドラマ「イカゲーム」が、注目を集めている。同ドラマは、世界各国で視聴ランキング上位にランクインしているという。

「『イカゲーム』は、借金などで生活に困窮した数百もの人々が、賞金456億ウォンを賭けて命懸けのデスゲームに挑むという作品です。この設定といえば、藤原竜也主演で映画化もされた、人気漫画『カイジ』などでお馴染みということもあり、日本のドラマファンの間で話題に。また、アメリカの視聴ランキングでは、韓国作品として初の1位を獲得したほか、世界各国でも上位に入っており人気を博しています」(テレビ誌記者)

 そんな同ドラマは、「イカゲーム」という可愛らしいネーミングや、ポップなイメージポスターの効果もあってか、日本でも週末に家族と楽しんだというユーザーが相次いでいる。しかし一部シーンに関して、お茶の間が凍りつく事態となっているようだ。

「『イカゲーム』では、女性参加者が力のある男性参加者に取り入るため、肉体を差し出すという場面が登場します。その際、出演女優はトイレの個室にて、胸の先端を晒したマッパ状態のまま、男性と騎乗スタイルで交わっているのです。さらにかなり激しい吐息もあげているため、一部視聴者からは、『ちょっと!家族と見てるからバリ気まずいんだけど!』『極限状態でのプレイは気持ち良いのかもしれないけど、これじゃイヤホンがないと見られない!』『職場で大音量で見てたからマジ焦った』と、行為シーンに関して戸惑う感想が相次いでいます」(前出・テレビ誌記者)

 激しいバイオレンスや性描写が珍しくない韓国作品。過激シーンの少ない日本ドラマに慣れている視聴者にとっては、驚きの展開だったようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
2
黒島結菜 どんどん出てくる「オトコ遍歴」と魔性素顔
3
「女子アナを辞める!」水卜麻美が「責任問題」で日テレ退社後に選ぶ「意外な職業」
4
これで大逆転!吉岡里帆が「バスト公開映像」を解禁した「背に腹は代えられない事情」
5
「ポスト水卜麻美」はショートカットにタプタプのバスト…小高茉緒の桃色天気予報が眼福すぎる