女子アナ

桑子真帆、よく見ると突如のボディ強調!ファン離れ食い止めは「Dバスト」で?

 10月1日放送のNHK「おはよう日本」での桑子真帆アナの姿が、ファンの間で注目を集めたようだ。

「この日、メインキャスターを務める桑子アナは、黒地の柄の入ったワンピースで出演。スカート部分もロング丈で、一見は地味に見える格好だったのですが、よくよく見ればボディラインが浮かび上がるタイト衣装で、推定Dカップの充実したバストラインも丸分かり。改めて彼女が男好きするスタイルの良さであることを確認できた放送日でした」(女子アナウオッチャー)

 桑子は同番組を昨年春より担当しているが、それ以前は「ニュースウオッチ9」で“夜の顔”としてメインを務めていた。

「当時はバストを強調した衣装で登場する確率も高く、そのたびに男性視聴者を沸かせて人気を集めていました。しかし現在の“朝の顔”となってからは、その時間帯も考えてかボディラインが出にくいユルめのブラウス姿が増え、ファンも物足りない面があったのでは…」(前出・女子アナウオッチャー)

 そんな中、9月1日に、かねてより交際が報じられていた俳優の小澤征悦と結婚。

「こうなると、ますます男性ファンが離れていくのは必至。ただ、今回のバスト強調ではネット上で《やっぱり桑子アナのバスト最高だよな。きっとものスゴく柔らかいんだろう》《なんだか全体的にボリュームアップしてる?以前のように妖艶な感じで攻めて欲しい》などと注目を集めました。番組のためにも、今後ぜひ“目立たないながらも実は大胆”な衣装に挑戦して欲しいものです」(芸能ライター)

 一部では結婚をきっかけに“いよいよフリー転身か”といった報道も出ている桑子アナだが、事実であればその“助走”として、自身の“武器”のフル活用に期待したい。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐藤健と上白石萌歌の仲は冷めていた!?「ぎぼむすSP」撮影現場の「意外な光景」
2
本田望結、成長真っ最中?ボディ進化と同時にネットをザワつかせた“顔の変化”
3
松本人志を罵倒、浜田雅功に暴行で“一世一代の大勝負”に出た芸人!/坂下Dの「地獄耳」芸能
4
清原和博の新庄監督批判がますます浮く?江夏豊・田淵幸一の「太鼓判」発言
5
伊藤沙莉、「マッパで“美バスト”を揉まれる」ベッドシーンの艶気が大絶賛!