芸能

藤田紀子、若引退リークは「あの男のせい」!/「アサヒ芸能65年」に刻まれた「美女の激言」(3)

 誰もが知る有名美女の、誰も知らない「本気の叫び」が聞きたい─。創刊以来変わらぬ「週刊アサヒ芸能」の編集方針の骨子である。65年の歴史には目もくらむ美女たちが現れ、読者を鼓舞した。その姿形だけでなく、思わず漏れる本音にも味わいがあった。そんな名言の数々を大公開! 女たちの感情が爆発する時、それは美しい表現になったりもする。噴出したマグマを拾い集めてみよう。

 若貴ブームを女将として支えた藤田紀子は、97年に大関・若乃花(当時)の引退報道にブチギレた。

「あの人が流したデマだと思います。あの人? 花田勝治さんですよ」

 先代の二子山親方であり、夫(当時)の実兄である。

「あの人は、いまだに自分に力があるんだ、ということを誇示したくて、こんな話を記者の方にリークしたんじゃないでしょうか。それに、あの人とほとんどつきあいがないんですよ。もともと、部屋の合併(旧二子山部屋と旧藤島部屋)には、私は反対でした」

 その後、若は引退することなく横綱に昇進する。

 大場久美子(61)は79年の「オリンパスOM10」のCMでひと悶着。

「演出家の人と意見がまったく合わなかった。私、半日間のストライキをして現場に行かなかったくらいですから。これに演出家さんが『じゃあ、何もしなくていいからそこに立っていなさい』と言ったんですね。だから私、ニコリともしないで、むしろにらんでいるような目線で」

 そんな裏話があって傑作CMが生まれた。

 日劇のトップダンサーだった鹿島とも子は、事故で生死の淵をさまよう。82年1月24日、石打スキー場のスノーモービル大会で悲劇は起きた。

「平坦なコースを回ったあと、下のほうに連れていかれました。でもそこは、左曲がりのヘアピンコースですごく危険なところ。15メートルも滑り落ちてしまい、腰から下の感覚がなくなって、脚が吹っ飛んだのかと」

 主催者側に7600万円の損害賠償を求めたが、300万円で和解。その後、鹿島は、オウム真理教の洗脳騒動でも話題になった。

 歌手の伊藤咲子は同期の城みちると交際したことが話題に。それを同い年の桜田淳子に批判される。

「スタッフの人やファンの人がいて、それを裏切ってはいけないと思うの」

「えっ、なんで? 私は純粋な気持ちでみちるを思っているし、歌は大好きだからファンの人を裏切ったとは思ってないわよ」

 当時、そんな会話を再現してくれたものだ。

 投資家・中江滋樹との“不適切な関係”疑惑で芸能界を去り、弁護士事務所にいた倉田まり子を直撃したことも。

「私の上司の弁護士が申しますには、倉田まり子として芸能界にいた時代は公人であったかもしれないけど、今はまったくの私人。取材を受ける必要はないと申しております」

 災難だったのは、80年に「帰ってこいよ」が大ヒットした松村和子。

「社長にギャラを持ち逃げされ、事務所を移るということを2度体験しました」

 きっと帰ってくるんだと~、とはならなかった。

“ロマン映画”草創期のスターだった田中真理は、主演作が次々と摘発される悲運を味わう。

「78年6月に無罪判決が言い渡されましたが、検察側が控訴。東京高裁によって全面無罪が確定したのは80年7月。28歳で、すでに結婚して長女も生まれていました。女優としては裁判の印象が強すぎて仕事も減っていたので、ここで引退することにしました」

 同じくロマン映画に転身した畑中葉子も、

「脱いだために飲み屋で『ここで脱げよ』とか『来るなよ』って言われたこともありました」

 大映ドラマの常連だった伊藤かずえは、雑誌で見つけた「ヤヌスの鏡」のドラマ化をプロデューサーに提案。

「なあ、かずえ。この前、お前が提案してくれた『ヤヌスの鏡』な、あれをフジテレビでドラマにするから」

「本当ですか? じゃあ、私が主役なんですね!」

 答えはノーだったことに伊藤は落胆したという。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐藤健と上白石萌歌の仲は冷めていた!?「ぎぼむすSP」撮影現場の「意外な光景」
2
本田望結、成長真っ最中?ボディ進化と同時にネットをザワつかせた“顔の変化”
3
池田エライザが艶姿で「カチカチよ」/芸能美女「マッパにエプロン」秘録(下)
4
新垣結衣、ビール新CMで気になり過ぎる!?ニットも歪むバストの“張り具合”
5
NHK・和久田麻由子 桑子真帆を屈服させた「黄金時代」の内幕(1)紅白司会の候補に挙がっていたのは4人だが…