芸能

米倉涼子、「ドクターX」歴代ワースト視聴率タイで指摘された“拍子抜け”!

 女優・米倉涼子主演の人気ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)の第2話が10月21日に放映された。気になる視聴率は15.9%(世帯視聴率)で、初回の19.0%から急降下する形となった。シーズン6の第5話で出した15.9%が歴代最低の数字であったのだが、残念ながらそれとタイとなる結果となった。

 この原因に対してドラマライターは、様々な推測を立ててくれた。

「2話の放送当日は、『2021世界体操競技選手権』の中継のため、この木曜9時の前枠で放送されている、これまた人気シリーズ『科捜研の女』がその日は放映がお休みでした。いつもなら、そこから流れてくるはずの固定視聴者が今話はスルーしたであろうことが若干関係しているのではないでしょうか。また、視聴者からは《2話は、緊迫感なくて物足りないです》といった声がネットで見られましたが、シリーズものなので致し方ありませんが、ネタ切れ感が否めないようです。例えば、初回ラストでは、米倉演じる大門未知子が、感染症に罹った展開で終了し、“この後どうなる?”と視聴者を引っ張った。ところが、2話では、大門(米倉)が、冒頭から元気にジョギングをしているシーンから始まりました。これで拍子抜けしまった人が多かったのでは?1時間枠に収めるためとは思いますが、大門が、感染症から復帰するまでの細かな描写も一切なしでしたし…」

 また、今シリーズでは特に、大門(米倉)との“敵”との対立軸が分かりづらくなっているせいか、話の流れや歯切れ感が良くない気もするという。

「というのも、今シリーズでの大門とのラスボス対決は、大門が雇われることになる東帝大学病院に勤める、内科部長兼院長代理・蜂須賀隆太郎のはず。しかし、2話のラストでは、野村萬斎演じる蜂須賀が大門に『どんどんオペをしてほしい』と、一見仲が悪くなさそうな展開で終わりました。今後が読めない…という点では、ある種成功なのかもしれませんが」(前出・ドラマライター)

 もっとも、今クールの平均視聴率で今のところはトップを独走中の「ドクターX」。さすがの底力を見せ続けたまま、無双状態で最終話まで突っ走れるのか見届けたい。

(島花鈴)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐藤健と上白石萌歌の仲は冷めていた!?「ぎぼむすSP」撮影現場の「意外な光景」
2
本田望結、成長真っ最中?ボディ進化と同時にネットをザワつかせた“顔の変化”
3
松本人志を罵倒、浜田雅功に暴行で“一世一代の大勝負”に出た芸人!/坂下Dの「地獄耳」芸能
4
清原和博の新庄監督批判がますます浮く?江夏豊・田淵幸一の「太鼓判」発言
5
伊藤沙莉、「マッパで“美バスト”を揉まれる」ベッドシーンの艶気が大絶賛!