芸能

「いいとも」に続いて終了する長寿番組を予測

20140116c

 長寿番組「笑っていいとも!」(フジテレビ系)や「はなまるマーケット」(TBS系)の相次ぐ終了で、老舗番組がますます淘汰される一年となりそうなテレビ業界。はたして、“打ち切り通告”を言い渡されるのはどの番組か。

 民放音楽番組の中で最長寿である「シオノギ・ミュージックフェア」(フジテレビ系)の終了を指摘するのは、放送評論家であり、上智大学教授を務める碓井広義氏だ。

「ずっとシオノギ製薬の1社提供で、視聴率とは関係なく継続してきて、今年50周年を迎えます。それが一つの区切りということになるので、にぎやかに幕を下ろすチャンスかもしれません」

 かねてから放送終了を示唆されているといえば、「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)も風前の灯だ。

 テレビ局関係者が、2人のやる気のなさを指摘する。

「とんねるずのダラダラ感が視聴者に向けてマイナスに働いていますね。〈男気じゃんけん〉も現場にいる芸人さんやスタッフだけがハラハラドキドキしているだけ。内輪ウケに社内からも幕引きを迫る声が多い」

 また前出・碓井氏は、朝日放送が制作している日曜昼の老舗2番組にも引導を渡す。

「『新婚さんいらっしゃい』は、出演するカップルが新婚さんではなくなってきている。3年以内なら出演可能だったり『3歳の子供がいます』とか、新婚と呼ぶには無理がありますよね。それと桂文枝師匠(70)がもう43年も続けてきて、画面で見ると飽きている様子が伝わってくる」

「新婚さん──」に続く「パネルクイズ アタック25」も、往年の輝きが感じられない。

「児玉清さんが亡くなったことが大きいんですよ。今は局のアナウンサーが司会を担当していますが、全国放送なのに地味なローカルっぽい番組になってしまっている。その意味では終わってもおかしくない事情を抱えていますね」(前出・碓井氏)

 作り手の自己満足につきあわされては、視聴者もたまったものではない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
櫻井翔、「嵐にしやがれ」新企画で懸念される肉体の“激ヤバ変化”!
2
奇跡の縦スジが!?新垣結衣「開脚アクシデント」にファン大興奮
3
6年間で3安打、木口亜矢の年下夫がオリックスを解雇されるも「あまりに妥当」
4
「胸の渓谷」ガチ見え!深田恭子、Fカップ揺らし踊るスケート動画が艶っぽすぎる
5
内田理央、「おっさんずラブ」で見せた同性から嫌われない“パセリ女優力”