芸能

田中圭、今度は「美女40人」と!過去には橋本環奈も巻き添えの“懲りない酒”歴

 本人も同じことを繰り返しているという自覚はあるのだろうが、それでもドンチャン騒ぎがやめられない!?

 田中圭がモデル風女性40人を含む45人で夜通し飲み会を開いていたことを11月18日発売の「女性セブン」が報じている。同誌によれば、その飲み会は港区にある芸能人御用達の会員制カラオケバーで24時頃からスタート。男性陣は田中の他にHey! Say! JUMPの山田涼介、タレントのMattらの5人が参加。対して女性陣は約40人、しかも全員がモデル風の美女だったとか。

 女性陣はお酒も強く、テキーラの瓶が6、7本も空いており、25時を回った頃には田中もMattと突然ディープキスをしたりするほど泥酔しており、お開きとなった朝4時頃には店員に支えられながらタクシーの座席になだれ込んでいたという。

 そんな田中は20年8月には泥酔状態でタクシーに乗り、料金が払えず警察に一時保護されたり、今年7月には飲酒を伴う自身の誕生日パーティーを大人数で開催したことが問題視されたりと、何かとお酒関連の報道で悪目立ちしがち。

 今回のパーティーも東京都の新規感染者数が落ち着いてきたタイミングではあるものの、近隣住民も「うるさくて正直眠れなかった」と同誌に証言していたりと周囲にも迷惑がかかっていたようだ。

 ネット上では「ホントこの人は懲りないよな」「炎上した誕生日パーティーからまだ4カ月しか経ってないぞ…何してんだか」「その内、酒に酔った勢いで不貞愛に走りそう」「これもう未来の石田純一だろ」など、呆れる声ばかりが見受けられている。

「20年7月に放送されたドラマ『アンサング・シンデレラ』(フジテレビ系)の撮影にも二日酔いで現場入りし、主演の石原さとみに怒られたこともありましたし、本人もお酒で失敗する度にその都度、反省はしているようですが、あまりに反省期間が短すぎるのが残念なところ。また、今回のパーティでも酒宴を存分に楽しむ田中とMattとは対照的に山田は別の部屋で寝ていたとのことですから、山田ファンが嫉妬するようなハレンチな展開にならなかったようです」(エンタメ誌ライター)

 ただし、山田ファンからは「山田君を巻き込まないで」「山田君もホントは断りたかったけど、人付き合いのために仕方なく参加したんだろうな」「山田君は田中さんと早く縁を切った方がいいと思う」などといった声が見受けられた。

「田中は山田ファンからはすっかり敵視されてしまっていますね。田中と山田は20年に放送されたドラマ『キワドい2人 -K2- 池袋署刑事課 神崎・黒木』(TBS系)で共演していますが、田中は後輩には必ず奢ったりと面倒見もいいタイプだそうですから、もしかしたら山田としてもなかなか田中の誘いは断りにくかったのかも。ただ、誕生日パーティーの件でも昨年のパーティーには橋本環奈が参加していたことが発覚し、橋本の所属事務所が『私ども事務所の指示により、出席させていただきました』と回答するような事態にもなっています。自身が飲み会を開くことで巻き添えで叩かれている後輩がいるということをしっかりと理解するべきでは…」(前出・エンタメ誌ライター)

 今年4月放送の「突然ですが占ってもいいですか?」(フジテレビ系)では、「頭脳明晰でスポーツ万能ながら、社会に出たら人生の経験を学ぼうとせず、同じ失敗を繰り返す運命」と占われていた田中。本人も苦笑いで「(思い当たるフシが)ありますねぇ」と答えていたが、この時も、失敗を繰り返さないようにしようとは真剣には思っていなかったのかも…。

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
好きなところに変化球!ドジャース・山本由伸に大谷翔平が教えた「寝る時間」の極意
2
本州で2番目の長距離路線バスが廃止に!太川陽介「バス旅」番組を襲う「打ち切り」危機
3
タイ移住で飲食店を開いたら現地の日本人に「とんでもない嫌がらせ」をされて帰国するハメに
4
氷川きよし「暴行セクハラと恐喝」ドロ沼大騒動の決着点/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
サッカー元日本代表FWを拒絶した「鹿島アントラーズ」スカウトの見る目のなさ