芸能

「日本沈没」最終話を前に視聴者離れが起き始めた“3つの原因”

 12月5日に放送された小栗旬主演の日曜劇場「日本沈没─希望のひと─」(TBS系)の第8回の平均世帯視聴率が、13.5%だったことがわかった。前週の15.4%からは1.9ポイント減で、初めて15%台を割った。

 同ドラマは、初回は15.8%で好発進。第5話は16.9%で番組最高を記録し、第6話は15.8%、第7話は15.4%となっていた。8話連続で2ケタの高水準をキープしているものの、一方で今回、初めて15%台を割った状況だが、ネット上ではこんな厳しい指摘が相次いでいる。

「正直飽きてきた。見ていて違和感だらけ。なんか違うんだよなぁ」「中国に助けてもらうという展開がウケないんだと思う。来週はもっと下がりそう」「日本が沈むなら中国も影響受けそうなもんだけどな。何かシラケてきた」「あんな茶番なのに、数字とれすぎてる感が強い。これから下がっていきそうだな」

「5日は裏番組で『ドラマスペシャル 山崎豊子「女系家族」』の第2夜が放送され、こちらは平均世帯視聴率が12.0%で、同時間帯の前4週平均7.7%から大幅ジャンプアップしています。その影響を受け、『日本沈没』の数字が落ちたこともあるでしょうね。もっとも、後半に入って政治的駆け引きがメインになってきたこともあり、緊張感や切迫感が薄れてきたという声もあります。最終回が悲惨な事にならなければいいのですが…」(テレビ誌ライター)

 同ドラマはスタート直後から脚本の荒さを指摘する声が相次いでいたが、そのあたりも終盤になって数字に表れてきたのかもしれない。

(ケン高田)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石田ゆり子、「割れ目クッキリ美ヒップ」奇跡の突き出しポーズで視聴者を魅了!
2
田中理恵が“極小サイズ”足ショット公開!バストと絡めた「疑問の声」も
3
ひろゆきも「5つ星」認定!トリンドル玲奈の「美胸写真集」に称賛の声
4
トリンドル玲奈、大胆バスト披露は改心の証?「やる気ない」評価からの激変理由
5
田中理恵、地団駄踏んでバストがブルンブルン!ゴルフ練習動画が艶すぎるッ