スポーツ

本田圭佑 華々しいデビューの裏で漏れ伝わる辛口評価

20140130e

「本田ミラン初ゴール!」1月17日付のスポーツ紙がイタリア・ACミランの本田圭佑(27)の移籍初弾を大々的に報じた。しかし、華々しい活躍の一方で、意外な「悪評」もジワジワ漏れ伝わってくるのだ。

 スポーツ紙デスクが語る。

「15日の本田の初ゴールは地元紙でも1面で取り上げられ、『ピュアなテクニックと正確なパスでチームを助けられる脚』(ガゼッタ・デロ・スポルト)など出場選手の中で最高の7点(10点満点)と高い評価を得ています。相手は格下でしたが、出場2戦目で結果を残したことは、いい流れであることは間違いない」

 8日の入団会見からわずか1週間、リーグ下位に低迷するチームの救世主となるみごとな速攻技だった。

 現地サッカー・ジャーナリストが語る。

「入団会見では銀色に染め上げた短髪にゴルゴ13のようなサングラスという独特ないでたちにも注目が集まっていた。記者から『なぜいつもサングラスをかけているのか?』と質問されると『単なるファッションだ』と繰り返し答えていた。しかし、一部地元紙には『まるでYAKUZAのようだ』と報じられるなど辛口評価を受けている」

 しかし、この「YAKUZA」報道は見かけだけでは収まらなかった。

「本田は今のところ試合後にコメントを全然出さず初ゴールを決めた2戦目も『お疲れッス』のひと言で記者をスルー。日本代表選手の中で現在、本田は唯一マスコミの取材に非対応の選手なんです。本田に腰が引けて何も言わないサッカー協会も問題ですが、ファンを大事にするイタリアでは、こうしたふるまいはかなり非常識に映るんです」(前出・デスク)

 地元紙の読者ページでは、「マーケティングを優先したとしても(本田を)獲得したのは間違いだ」といった批判も上がっているという。批判の背景に、伝統ある背番号「10」がいきなり外国選手に与えられたことへの反発があるのは想像にかたくないが、マーケティングといえば、日本で発売されたミラン10番のTシャツやユニホームのレプリカはすでにバカ売れ。本田効果は絶大だという。

「中田英寿、中村俊輔、長友佑都など日本人選手が移籍すれば日本企業がスポンサーにつくことは織り込み済み。オーナーのベルルスコーニ元首相の下半身醜聞でスポンサーから金が集まらなくなったこともあり、現在、深刻な経営難に苦しむミランにとっては、前所属のCSKAモスクワとの契約が満了し、ムダな移籍金が発生しない本田はまさに金のなる木。一説には15億円もの“本田需要”が出るとも言われている。本田のミラン10番は日本代表エースとしての実力より、沈みかけた名門チームの懐事情が優先されたとさえ言えます」(前出・ジャーナリスト)

 もちろん、結果が全ての世界。雑音を一蹴するゴールを決めているうちは問題ないのだが、

「イタリアはセレブをつけ回すパパラッチの語源の国だけにスター選手へのプライバシーには容赦がない。本田は妻や子供など家族については完全非公開で、昨年6月に子供を抱いて帰国した際には写真の掲載を拒否したほど。ところが、今回のイタリア行きに際しては、イタリアのマスコミに空港への到着便はおろか息子の名前まで明かされた。すでにミラノ市内の自宅も突き止められているようです」(前出・デスク)

 昨日の味方は明日の敵。W杯に欠くことのできない日本のエースのゴールラッシュを願うばかりだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
伊藤健太郎「ガールズバー泥酔大放言」を実況
2
“土手スジ”が映った!?阿部華也子、スキャンダル危機も放送事故でファン激増!
3
Gカップはどこへ?夏菜、最新ショットで急浮上した衝撃の「バスト縮小」疑惑!
4
艶ビデオ出演芸能人の「感度」!/美女「バストトップ出し情交」場面大全(4)
5
吉高由里子「褐色突起」が硬化!/美女「バストトップ出し情交」場面大全(2)