芸能

芸能界「永遠の共演0」な犬猿リストを極秘公開!(2)

20140130ghij

 ドラマで意外に気を遣うのは、女優同士の組み合わせだ。昨年、映画「ルームメイト」で共演した深田恭子(31)と北川景子(27)も今や、“再共演は不可能”と言われている。

「フカキョンは自分のほうが主役だと思っていたが、蓋を開ければ主役は完全に北川。記者会見でも終始、余裕の北川に対し、フカキョンは明らかに憮然とした表情でした。関係者も『Wメインは失敗だったか』と頭を抱えていましたよ」(映画ライター)

 やはり美女は並び立たずということなのか。

 他にも“キャラかぶり”が、思わぬツーショット拒否につながる場合がある。

「朝の『めざましテレビ土曜日』(フジテレビ系)でブレイクした鈴木ちなみ(24)からは、長澤まさみ(26)と同席したくないとの要望が出たとか。以前から、鈴木は『長澤に似ている』と言われていたが、今や一本立ちして、二番煎じと思われるのが嫌なようなんです。そこで、鈴木の前では、長澤の名前を出すこと自体がNG。共演など無理な話です」(テレビ誌記者)

 格上の長澤の耳に届いていなければいいが‥‥。

 ハーフタレント全盛の昨今では、キャラかぶりは日常茶飯事。

「中でもハーフタレントのトップランナー、ベッキー(29)が警戒しているのが、SHELLY(29)です。バラエティ番組では、芸人のフリに臨機応変に対応できるハーフタレントとして重宝されてきたベッキー。ローラ(23)を筆頭に“おバカキャラ”が凋落していく中、今度は知性派のSHELLYが台頭。実際、同じキャラは2人いらないし、周囲もSHELLYを『ポスト・ベッキー』と呼んでいるほど。番組的にキャラのかぶるハーフタレントは共演させないのが鉄則ですからね」(放送作家)

 特段、仲が悪くなくても、番組構成の都合上で共演NGになる典型的なパターンと言えよう。

 同じ事務所の武井咲(20)とのライバル関係が取りざたされてきた剛力彩芽(20)も新たな火種に翻弄されている。

「AKB48の峯岸みなみ(21)の“剛力ダンス”が波紋を呼んでいるんです。峯岸が剛力のデビュー曲を、ちょっと大げさに踊ったのが事務所側に警戒されているようなんです。もし、2人が共演でもして、峯岸が“剛力ダンス”を踊ったらたまらないということのようです。『バカにしてる』って、世間では騒がれていましたからね。ただ、剛力本人は、峯岸のことはあまり気にしていないようですけど。あるロケ現場でカメラが回っていない時に、剛力と他のタレントが峯岸のダンス話で盛り上がっていたぐらいですからね」(キャスティングプロデューサー)

 ダンスには定評のある剛力。峯岸との共演で、バラエティに進出するのもありな気もするが‥‥。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
2
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
3
10月改編「美女アナ」ここまで変わった「最新勢力地図」(1)テレ朝・弘中綾香を巡る争奪戦
4
「ダメ大河」に「ダメ朝ドラ」…2大人気脚本家の評価がガタ落ちしていた!
5
後輩芸人に弱気発言も…石橋貴明の“凋落の現場”をスクープ詳報!