芸能

篠原涼子&長谷川京子「W一糸まとわぬ姿」撮影済み/2022年の「核心証言」〈芸能〉(1)

 写真集が60万部突破の勢いで、一気に女優街道をひた走った田中みな実(35)と、年末に謎の死を遂げた神田沙也加(享年35)は、くしくも同い年だった。22年も同世代女優が芸能界の話題を牽引しそうな雲行きだ。

 昨年来からアサ芸が先行報道している篠原涼子(48)と長谷川京子(43)が主演する「ネットフリックス」ドラマ「金魚妻」でのWバストトップ出しの一糸まとわぬ共艶がいよいよ解禁となる。

「篠原は年下男性と不倫する人妻役を演じますが、現実にも昨年、年下韓流アイドルと不倫疑惑が報じられていて、私生活とリンクしていることが話題に。長谷川も夫の不倫報道で昨年10月に離婚したばかりの元人妻。原作コミックでは各巻に激しいセックス描写があるので、地上波と違い規制の緩いネット配信では、2人の乳首ヌードが撮影済みなのは間違いない。あとはカットされていないことを祈るのみ」(映像関係者)

 芸人のユリオカ超特Qも鼻息を荒くこう語る。

「男性は『人妻ヌード』という言葉が好きですが、『元人妻』も我々の元へ帰ってきてくれたぞ、と希望を持たせてくれますよね。女性は40代頃からさらに性欲が高まるとも聞きますし、長谷川さんや篠原さんほど綺麗な方のヌードを待ち望んでいる男性がたくさん存在することを知ってほしいです」

 ぜひとも公開プリーズ!

 一方、昨年12月18日に突如、神田は札幌市内ホテルの14階から転落死したが、自殺説も飛び交う中、母親、松田聖子(59)は娘の訃報を知る由もなく都内ホテルでディナーショーの真っ最中だった。娘の死を聞きつけると、都内で行う予定だった1公演と大阪での4公演を即中止にして札幌へ駆けつけたが、

「昨年はコロナ禍の影響で東京での4公演しか開催できなかったこともあり、今年は全8公演。東京で1134人、大阪で1370人が入る会場で、それぞれ5万500円、5万5000円と高額にもかかわらず、チケットは完売していました。損失は5日間で約3億4000万円にも上ります」(芸能プロ関係者)

 20年にデビュー40周年を迎えてからようやく、コロナが収まりかけた稼ぎ時でのタイミングだっただけに聖子のダメージは計り知れない。だが、その「後遺症」を打ち消すようなプランも浮上している。レコード会社関係者が語る。

「実は生前から沙也加さんが録音していたデモ音源に聖子さんの歌をかぶせてデュエットするという構想があったんです。ところが聖子さんの事務所移籍問題などで親子関係がギクシャクしてしまい、計画が頓挫。音源もお蔵入りした。しかし、今回の『事件』で、2人のデュエットを聴きたいという待望論が出ることは必至。沙也加さんも『アナと雪の女王』で知名度が上がっていただけに、早い時期のリリースが期待されていますね」

 昭和と平成の歌姫の幻のコラボは実現するか。

 写真集「Sincerly yours…」(宝島社)が19年末発売ながら爆発的ヒットで20年上半期の注目を独占した田中みな実の周辺が騒がしい。ファッション誌編集者によれば、

「すでに写真集第2弾の企画が進んでいますが、版元側とみな実サイドで露出度を巡って、かなり開きがある。女優道を進む傍ら、女性ファンにアピールしたいみな実サイドと、男性向けの購買力が欲しい版元の綱引きが続きそうです。当然、脱げば前作以上のヒットになりますが、女性向けのアーティスティックな内容にした場合、5000部売れれば御の字という声も。そうなると、単価を1万円以上にとの意見もあり、ひと悶着ありそう。最終的には、ファンのニーズありきのみな実さんは脱ぐこともいとわない。期待できますね」

 みんなのみな実の覚悟を見てみたい!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり【2024年6月BEST】
4
吉沢京子「芦屋夫人」を捨てた離婚と「中村勘三郎との6年愛」仰天告白/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった