芸能

小島瑠璃子「炎上クイーン」の貫禄処世術(2)松本人志ら大物MCを籠絡

 そんな彼女のタレント力を生かすために、向上心の強さも無視できないパワーとなっていた。

「ホリプロは給料制を取り入れていることでもわかるように、タレント育成に関しては他の事務所に比べて長期的視点で考えているようです。小島みたいに若い頃からガンガン仕事を入れられるケースは稀で、そこには本人の意思や、やる気も多分に反映されているのでしょう」(芸能プロマネージャー)

 さらには“大物オヤジ転がしテク”も、その躍進を支えていたという。

「若い頃から、とにかく番組MCを担うような大物男性タレントのウケがいい。田中や中居正広、小堺一機らから高い評価を受け、あのダウンタウンの松本人志からも『アンタ、本当にうまいね』と、中継レポーターとして出演した選挙特番での対応を絶賛されたのは有名な話。ヒロミからは『天才だと思った』と最大級の賛辞を贈られています」(放送作家)

 もっとも、「高校時代から自分が、自分がというタイプだった」と元同級生は語る。タレントには必要な資質かもしれないが、フィールドに慣れ親しみすぎたため、徐々に生来の「我」が23歳頃から、より強く出始めたようだ。

 アイドル事情に詳しい、ライターの尾谷幸憲氏は、

「小島さんは若い頃からすでに、中尾彬から『何をやっても私はうまいだろという顔をする。俺は嫌いだ』と言い放たれていた。その後、キンタロー。に『バレンタインでスタッフへの挨拶回りに張り切る小島瑠璃子』という、あざとさを揶揄して笑いものにするモノマネをされたこともある。当時から他のタレントのコーナーなのにまるで専門家のようにしゃべり始めて『横やりを入れるな!』と視聴者から非難を浴びたり、土屋太鳳を批判するツイッターコメントに『いいね』を押したことがバレて炎上するなど、負けん気や我の強さが、だいぶ前からチラホラ見受けられていたんです」

 なるほど、有吉弘行から「知ったかぶりが鼻につく時ありますけどね」と一刀両断されたり、16年にはクイズ番組「ネプリーグ」(フジテレビ系)で共演した広瀬すずが、日本語を英単語に訳すゲームで苦戦するのを見て「やばーい、ウソー、簡単なのに」などと、露骨に上から目線で茶々を入れ、あげくに「バカだったね~」とバッサリと斬り捨てて周囲を引かせたこともあった。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
2
黒島結菜 どんどん出てくる「オトコ遍歴」と魔性素顔
3
「女子アナを辞める!」水卜麻美が「責任問題」で日テレ退社後に選ぶ「意外な職業」
4
これで大逆転!吉岡里帆が「バスト公開映像」を解禁した「背に腹は代えられない事情」
5
「ポスト水卜麻美」はショートカットにタプタプのバスト…小高茉緒の桃色天気予報が眼福すぎる