芸能

ますおか増田が苦言“「衝撃映像」番組は冒頭1分半で十分”視聴者離れの納得度

 お笑いコンビ「ますだおかだ」の増田英彦が1月6日放送の「ますだおかだ増田のラジオハンター」(ABCラジオ)に出演。近年目立つ、テレビ番組の“フォーマット”について苦言を呈した。

 番組では、映画やドラマを倍速視聴、10秒飛ばしをする習慣が広がっているという話題に。 増田は韓国ドラマや総合格闘技で早送りすることがあると話した上で、「最近、テレビとか、なんでもそうですけど、すべてがテンポ速くて、タメがすごいなくなってる。感動の度量が昔と比べると薄くなってたり、笑いも昔に比べたら薄くなっちゃってるところあるんかなと思うよね」とコメントした。

 増田はその例として、“衝撃映像”を集めた番組を挙げ、「ああいう番組のときって、オープニングの1分半観たらわかるじゃないですか。だいたい、その日出てくる衝撃映像の一番衝撃なのをそこに持ってくるわけでしょ。その1分半を超える衝撃映像って、その後の2時間、3時間の番組に出てこないわけですよ。じゃあ、この1分半でいいかと思ってしまって、チャンネル回す人もいると思う」と分析。

 続けて「ほんまはそこで全部を見せないほうがいいけれど、プロデューサーも『もっとインパクトあるの最初につけといてよ』って。その映像をスタジオでは『うわーっ』って言ってるけど、テレビを観ている人からしたら、『オープニングでこれ観てるし、なんやったら今週1週間、番宣でこれ流れまくってたから本編でいまこれ観たって何の驚きもない』 となる。せっかくのソフトも満足度が半減しているわけです」と説明した。

 さらに増田は、「CMの後もまだまだ続きます」という手法についても触れ、「CMあけました、翌週の番宣で終わりかい? みたいな。これって(視聴者への)裏切りやん。そういう小さな裏切りが積もり積もって、どうせCMのあと何もせえへんねやろ、ほな、もうチャンネル替えよう。もう騙されへんで、みたいな」と、“CMまたぎ”についても批判していた。

 近年、若者のテレビ離れが叫ばれて久しいが、増田の指摘にうなずく人は多いのではなかろうか。

(鈴木十朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
「こんなこと初めて」ロッテ・佐々木朗希の実戦登板に飛び交った「観客の不満とブーイング」
4
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
5
「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が奇跡の復活で…太川陽介のパートナーは「あの2人」目撃談