スポーツ

武豊、サポート体制が盤石に!?“大逆襲”が指摘される「3つの根拠」

 今年の競馬では、昨年75勝でリーディング12位にとどまった武豊に注目している。サポート体制がこれまで以上に整っており、勝ち鞍を増やせそうだからだ。

 サポートの一つ目は、懇意にしている馬主・松島正昭氏が昨秋にクラブ馬主「インゼルサラブレッドクラブ」をスタートさせたこと。そこでは今年デビュー予定の馬が21頭募集されたが、良血馬揃いということもあってほとんど満口となっている。その全馬に武が乗ることはないが、評判の高い馬は彼が乗ることになるだろう。

「松島氏は、個人馬主としては朝日杯FS(GI)を勝ったドウデュースを持っていて、武豊騎乗でダービーを目指しています。それが終わるとすぐに新馬戦が始まりますが、そこでは個人で持っている馬とクラブ馬との2本立てで、武豊をサポートしていくはず。預ける厩舎も友道厩舎を始めトップトレーナーばかりですから、勝ち星は増えていくでしょうね」(競馬専門紙・トラックマンA氏)

 二つ目は、実弟の武幸四郎厩舎が、右肩上がりの成績であること。19年14勝⇒20年28勝⇒21年34勝と、勝利数を伸ばしているのだ。昨年は武豊のこの厩舎での勝利数は6勝だったが、いまの厩舎の勢いからすると今年はそれ以上になることは確実だろう。厩舎のメーン馬主はメイショウの松本好雄氏だが、武はそこの主戦騎手の中の一人だ。

 三つ目は、同期の蛯名正義が3月から調教師としてデビューすること。現在は2月末で引退する藤澤和雄調教師の下で技術調教師として修業中だが、2カ月後にはそこの馬房を引き継ぐと言われている。もちろん、スタッフも一緒に。日本一の調教師のノウハウをそのまま生かせるのだから、蛯名への期待は大きい。

「蛯名正義と武豊は競馬学校時代から仲が良く、信頼関係を結んでいる。調教師試験に受かった時にも、『自分の厩舎の馬に、豊にもぜひ乗ってもらいたい』と語っていたほどだ。幸い、蛯名の仲人だった社台ファーム・吉田照哉氏の協力もあって、馬のほうは順調に集まっている。夏ごろには蛯名厩舎の馬に豊が乗っているかもしれない」(前出・A氏)

 サポート体制とは異なるが、コロナ禍が収束していないこともプラスとなるだろう。昨秋に来日して猛威を振るったC・デムーロは短期免許期間が終わり先だって帰国したが、新たに来日する外国人騎手は夏のワールドオールスタージョッキーズまでいないようだ。そのぶん、武豊にも有力馬が回ってくる。

 ケガなどしなければリーディングの上位争いをするだろう。大逆襲が見られそうだ。

(競馬ライター・兜志郎)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
綾瀬はるか、「Fバスト」が隠しきれない!四十路前でも“張り”最高潮の最新映像
2
高橋真麻が「奇跡の1枚」公開!ほっそりボディに“Gバスト”はまるで別人だッ
3
“Fバスト”がこぼれ出てる!?谷まりあ、「片パイ強調」事態に視聴者クギ付け
4
雛形あきこ、温泉ロケで見せた「Eバスト渓谷クッキリ場面」に視聴者クギ付け!
5
井上清華アナの次のエース!?フジ・藤本万梨乃のハイスぺ素顔と2人の“意外接点”