芸能

石橋貴明、ノッチを二度目の餌食にした「早朝バリカン」動画に改めての冷めた声

 とんねるずの石橋貴明が自身のYouTubeチャンネル「貴ちゃんねる」を更新。その内容に、またもやネット上では微妙な反応が相次いだ。

「1月13日付けで公開された動画は昨年末に収録されたもので、『貴ちゃんねる』の演出を手掛ける演出家のマッコイ斉藤氏に促される形で、石橋がデンジャラスのノッチに“早朝バリカン”を敢行するというものでした。ノッチは昨年11月にも自宅で寝ているところを押し掛けられ頭を刈られており、これで二度目。これはもともと、『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)放送時、石橋が芸人を無理矢理刈り込み爆笑を呼んでいた人気企画と“寝起きドッキリ”を掛け合わせたもの。ノッチの初回の動画は“昔の企画は今やっても面白いのか?”という意図も込められていましたが、これが90万回超の再生回数だったことから、二度目のドッキリとなったようです」(エンタメ誌ライター)

 前回同様、今回もノッチの妻の了解を得て寝ているノッチのもみあげを刈り込み飛び起きたノッチはいいリアクションを見せ、コメント欄には絶賛の声が相次いでいたのだが、他のネット上では冷めた反応が広がっている。

「『貴ちゃんねる』ではこれまで、連行した芸人に無理矢理パーマをかける『いきなりパーマ』企画もシリーズ化され、カンニング竹山やスギちゃんなどが餌食となっており、これらの時と同様、《イジメと同じ》《どうなのこれ…今は面白いと思えない》《やっぱり昔の企画は昔の企画。今は常識的に考えても通用しない》といった辛口の意見が殺到しています。バリカン企画は『みなおか』の後期では見られなくなったのですが、おそらくコンプライアンス的に無理が生じたのが原因でしょう。たとえ実際には仕掛けられる側が前もって了解をしていたり、その面白さに同調していたとしても、単に後輩芸人を石橋がイジメていると捉える視聴者が増えてしまったということです。逆にテレビ当時から石橋が餌食になる側を積極的に演じていれば、状況は変わっていたのかもしれません」(テレビウオッチャー)

 今となってはYouTubeでの企画だけに、石橋のファンだけが観ればいい話だが、少々何かもったいない気もする…。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松井秀喜が選ぶ「プロ野球ベストナイン」で「あいつはラクした」辛口評価の遊撃手
2
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
3
「虚言・嘘泣き野郎・溺れるナルシスト」YOSHIKIを襲うTOSHIの強烈「コキ下ろし歌詞」大騒動
4
「授かり婚」土屋太鳳にドラマ現場から「しばらく戻ってこなくていい」の声が出る理由
5
関西ラウンジママが悲痛激白…最強寒波で最も困る職業は「夜のホステスなんです」