女子アナ

久慈アナ「退社」は序章?勃発!人気局アナ「No.1アイドル争奪」下剋上バトルとは

 テレビ各局の「No.1アイドル枠」の顔ぶれが、一気に変わりそうな雲行きだ。きっかけはフジテレビの久慈暁子アナ(27)の電撃退社。将来を嘱望されていた人気アナの座が「空位」になったことで、下剋上バトルが勃発。その影響が女子アナ全体に波及しているというのだ。女子アナ震撼の仰天事情に迫っているのが、1月18日発売の「週刊アサヒ芸能」だ。

 今、テレビ各局で怒濤のように勃発している美女アナによる「下剋上バトル」の震源地は、フジテレビだ。カトパンこと現在フリーアナの加藤綾子(36)の退社以来、アイドルアナの座をほしいままにしていた“クジパン”こと久慈暁子アナの今春退社が引き金となり、若手アナの「アイドルポジション争奪戦」がヒートアップしているというのだ。

 フジテレビ局関係者が明かす。

「これまで久慈アナが独占してきた『アイドルアナ的立ち位置』の後釜を男性人気の高い渡邊渚アナ(24)と竹俣紅アナ(23)が虎視眈々と狙っているんです。実際に両者とも久慈アナが務めている『めざましどようび』MC就任への意欲をアナウンス部の関係者に漏らしています。昨年12月には渡邊アナが『わき毛が生えないのが悩みなんです』とアシスタントを務める『ワイドナショー』で赤裸々に語っていますが、単なるアドリブかと思いきや、渡邊アナの計算だと社内ではもっぱらなのです。何しろ、番組内での両者のキャラアピールも過熱している状況です」

 他にも日テレの岩田絵里奈アナと市來玲奈アナの同期バトルや、テレ朝の田中萌アナの大復活。NHKの和久田麻由子アナと桑子真帆アナのツートップの座に肉薄する超新星アナなど盛りだくさん。女子アナの最新トピックスが丸わかりとなるレポートは、1月18日発売の「週刊アサヒ芸能」1月27日号に掲載されている。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ラモス瑠偉「W杯惨敗サッカー日本代表コキ下ろし」に抗議電話15万5000件/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
2
「キスしてる?」質問にフジテレビ・井上清華が衝撃「赤面もじもじ返答」の「まさか!」
3
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること
4
落合博満が「何の連絡もない」と困惑する「中日OB戦オファー事件」の舞台裏
5
岡田監督と不協和音!阪神・佐藤輝明「怒りの2軍落ち」で問題視された「試合に向かう姿勢」