スポーツ

長嶋監督から「お守り」渡されたが…槙原寛己、“ゲン担ぎが嫌い”なワケ!

 巨人一筋18年だった元プロ野球選手・篠塚和典氏の本名、そして1992年シーズン途中までの登録名は「篠塚利夫」だったことはご記憶だろうか?「安打製造機」とも呼ばれ、安定した打力を誇り、2度の首位打者を獲得した篠塚氏だが、持病の腰痛に幾度となく悩まされ、通算1696安打で引退。奇しくも名球会入りを逃している。92年は篠塚氏にとって晩年だが、2000本安打を達成しようと「改名」したのではないかと想像してしまう。

 さて、そんな篠塚氏と巨人でチームメイトだった元プロ野球選手・槙原寛己氏は、自身のYouTubeチャンネル〈ミスターパーフェクト槙原〉の12月27日付け投稿回において、ゲン担ぎについて、「全然気にしない。好きじゃない」と口にし、現役時代をこう振り返っている。

 勝ち星に恵まれないある時期、当時の長嶋茂雄監督からお守りを渡されたのだそうで、それをポケットに入れて先発した。

 ところが、2回で降板…。ミスターの“神通力”も及ばなかったようで、「投げながら、効かねえなあ…と思って」と、槙原氏らしく、スタッフの笑いを誘ったのだった。

 また、水晶の首飾りを巨人ナインが流行りのようにつけていた時期にも、「オレはつけねえぞ!」と頑なに拒否していたそうだ。

 ゲン担ぎとは無縁の槙原氏だが、同チャンネル名は、占い師としても活躍しているタレント・ゲッターズ飯田が命名。このほどチャンネル登録者数が10万人に達して「銀の盾」が届いたことから、「占いは好き」とも口にした。

 ゲン担ぎも占いも、参考にして役立てる程度が程よい付き合い方なのかもしれない。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝
2
MLBオールスター出場〝今永昇太〟はデコピン以下!絶妙哲学コメントをバラエティがガン無視でファン憤慨
3
妻はロッテに大暴言!謝罪なしの楽天・辰巳涼介「神様は見てくれている」にファンが握りこぶし
4
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
5
新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」