スポーツ

日本名輪会・山口健治の「江戸“鷹の目”診断」/近畿代表の古性が自在戦で今年初V

【「奈良記念」ヤマケンが注目する「決勝戦進出」有力候補12人!】◎古性優作/○吉田拓矢/▲松浦悠士/△脇本雄太/宿口陽一/守澤太志/諸橋愛/小原大樹/三谷竜生/新山響平/佐々木悠葵/石原颯

 実力者の復帰戦は、まずその初戦に注目したい。

「奈良記念」(2月10日【木】~13日【日】)は、記念でSS班が5人そろうだけでも珍しいのに、そこに久々の脇本雄太が加わる超豪華メンバー。2月20日から行われる今年のGI第1弾、取手「全日本選抜」を占うには、これ以上ない前哨戦になりそうだ。

 本命には近畿代表の古性優作を推す。今年はまだ優勝していないが、前走の高松記念決勝戦2着は、勝ちに等しい好レースだった。脇本が勝ち上がれなかったとしても、自力含みの自在戦で頂点に立つ。

 対抗は立川記念の覇者、吉田拓矢。後位を宿口陽一─諸橋愛が固める関東ラインは強力で、古性とのマッチアップを制するシーンがあってもおかしくない。

 あとは中団まくりを狙う松浦悠士と、4カ月ぶりの実戦だが脇本は外せない。

 1班5人、2班4人と大所帯の奈良勢を引っ張らなければならないのが三谷竜生だ。GI3勝、グランプリも獲っていながら、昨年の優勝がFIの1度だけというのは情けない。34歳の走り盛りに喝を入れたい。

 印は回せなかったが、新山響平─渡邉一成─守澤太志で並ぶ北日本トリオの結束は固い。特に静岡GP以来となる守澤は、虎視眈々とチャンスを窺っている。どんな展開でもギブアップしないファイターだけに、混戦で一気の浮上がある。

【大穴この1車】中西大(和歌山・107期)。

 前走の和歌山記念最終日1着の3万4080円まで、5場所中4場所で万車券を演出。昨年12月には佐世保記念2次予選3着が8万円超、取手(【1】【2】【3】)の準決勝が6万円超、決勝戦が8万円。高配当が多いのは、まくりになれば後ろが離れて、よく筋違い車券になるからだ。1カ月ぶりの実戦でパワーは充.済み。妙味は2、3着付けだ。

【狙い目の伏兵3人】

 中釜章成(大阪・113期)が、前走のFI小倉2日目にS級に返り咲いて初白星を挙げた。以前より立ち回りは巧みになっており、後半戦で一発がある。

 同じく返り咲き組の格清洋介(静岡・111期)は、準決勝に乗った立川記念(【1】【2】【9】【8】)の好走が光る。ここはホームの伊東と同じ得意な33バンク。予選突破に期待する。

 競走得点106点超の松本秀之介(熊本・117期)が順調に伸びてきた。昨年12月F1小倉でS級初V、1月の和歌山記念は【1】【4】【3】【8】。父で師匠の秀浩さん(引退)に鍛えられており、本領発揮はこれからだ。

山口健治(やまぐち・けんじ):1957年1月、東京都荒川区生まれ。競輪学校38回生卒業チャンピオンとしてデビュー。主なタイトルは日本選手権、競輪祭(2度)。09年1月引退。現在「スポーツ報知」評論家。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広島カープ「次の監督決定」秒読み!「アライさん」を支える「名参謀」入閣情報
2
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
3
松本伊代、それでもヒロミを選んだ“アイドル時代”群がった男たちの「接近手段」
4
衝撃発覚!あの紅白歌手に楽曲を提供した「薬物作曲家」の逮捕劇
5
安田美沙子、「感動の出産シーン」と真逆の“汚部屋”公開に“不衛生”非難が!